So-net無料ブログ作成

療育の価値 [療育のウソ]

tech1.jpg

私が療育と言うとすべて否定的な意見だと考えるかもしれないが、療育という単語が異様に嫌いな
だけで、すべてを否定している訳では無い。



私が最も危惧しているのは、一般的な知能障害、つまり知恵遅れの子に親しんだ人が、
ホンモノの自閉症を見た時に、その違いを知る知性を持っているかどうかと言う事だ。



実は、これが最も重要で難敵でもあるんだが、マスコミ特にNHKがおだて上げる例えば、
「素晴らしい絵を描く自閉症。今度会社のポスターに採用」と言う様な例が、
ことごとく自閉症では無く、知恵遅れの子供なんだな。

知能が低いが、周囲が期待する事をその通り実現して絵を描いてみせる。そういう子だ。



一方、障害者施設で働く人の苦労をクローズアップするドキュメンタリーなんかは、
不思議とその困った行動をする障害者は、自閉症なんだ。困り具合が画になりやすいんだろうな。



それ程、障害者施設でも特別の行動を取る自閉症児を、一般の知能障害との区別無く、療育の名で
強い働きかけをし続けるとすぐに壊れるのはすぐ分かる。



もし、本当に療育というモノを分かってやっている所なら、自閉症児は特別な違うプログラムで
対処しています、と言う様な所なら、これは信用出来る。



そして、療育の最も重要な点を語る施設を見た事は無いが、療育施設の本当の意味は、
自閉症児を育てる上で、親が壊れてしまわない様に、親が自閉症児とのつきあい方を、
子供と共に探し出す事が、療育施設の真の意味、存在価値なんだ。



一時的でも、親が子供から離れ気を抜く事が出来、冷静になって、もう一度子供の可愛らしさを
思い出し、また新たな活力が生み出る。
そうじゃなくちゃ療育施設の意味が無い。



自閉症児の子育てブログをのぞき見たら、ただ子供を育てるだけでも大変なのに、
さらに嫌がる子供を療育施設に無理矢理連れて行き、親子共に療育施設そのものが負担になる。
そんな馬鹿げた話は無いが、どうも最近はそうらしい。



自閉症児は、コミュニケーションが取れないから、知能が低い様にしか見えないが、
記憶だけは抜群だ。
それが端的に表れるのが、サバンと言われる人達。
彼らの様に、何か特異な表現としては出て来なくても、同じ様に、毎日何かを強烈に記憶し、
それを一生忘れない。

私たち夫婦は、その事を「生まれつきのPTSD」と言っている。


ただでさえ、PTSDをストックしてしまうのに、わざわざ自閉症児の経験の無い療育施設で
PTSDの山を記憶させる事は無い。



自閉症の子供と両親が、少しでも苦しい思いをする様な療育施設はすぐに止めた方が良い。
親が楽になれる様な療育施設を探しまくった方が余程建設的だ。



nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 3

あまぐり

ヤフコメでご案内下さったブログは、こちらで合ってますか?
by あまぐり (2019-03-22 12:31) 

Chip

あまぐりさん
遠路はるばるご苦労様です。コメント入力がされた場合、
メールが届く様に設定しているのですが、どうも上手く行かないみたい。
他にもコメント頂いた方も居た様なので本当にゴメンナサイね。
今後気を付けます。
by Chip (2019-03-23 17:36) 

あまぐり

こちらのブログをご案内いただき、ありがとうございます。
一つ一つ、ゆっくり読ませていただき、色々と勉強させていただこうと思っています。
どうぞこれからもご鞭撻の程よろしくお願いします。
by あまぐり (2019-03-24 02:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。