So-net無料ブログ作成

冬の日差し [見る]

RIMG0117.JPG

部屋に差し込む冬の日差しは自然の恵みだ。
誰もがその日差しに癒やされ、実際に遠赤外線効果も認められる。



私も、冬の朝は少しでも太陽の恵みを部屋の中に取り込もうとブラインドを開ける。



すると、妻がすぐブラインドを閉じてしまう。
「なんでブラインド閉めるの?」「だって、まぶしいんだもん」



このやり取りは、結婚して以来延々30年くり返してきた。「なんでかなーー」
58才で失職し、以来就職出来なかったので、
妻の行動を観察していてやっと原因が分かった



「感覚過敏」じゃあ無いよ。
自称自閉症だとここで「私は感覚過敏だったのです」となるんだけど、ココはリアルの場








妻が、冬の日差しが差し込んでいる部屋に入ると、まるで囚われた様に日差しを見つめる。
それも、日が差したところを見るのでは無く、太陽の方向に顔を向け、じっと見ている。



「まぶしいよ。まぶしいよ」
そりゃ、そんなに太陽の方を見上げたらまぶしいよ。まぶしいに決まってるじゃん。
まぶしいどころか、網膜が焼けちゃうよ。



「日が差している時は、反対側を見るとイイよ」
「日が差している時は、背中や腰を向けてごらん。あったかくて気持ちイイよ」



どんなに、代替えの方法を伝えても、絶対納得しない。そりゃそうだ。私も妻も自閉症だ。

結局、ブラインドの角度を調整して、お互い妥協できる様にした。



冬の日差しがまぶしくて許せない妻だが、直射日光の中でも平気で野良仕事をする。
一旦外へ出ると全く日差しのまぶしさは気にしないし気にならない。
これが、自閉症のリアルなんだ。








が冬の日差しをまぶしいと言うのは、どうも「明暗差」にある様だ。
明暗差が強い部屋に入ると、普通は目を守るためにも、無意識に暗い所を見るようにする。
明るい所を見ると目がつぶれちゃうからね。



しかし、妻は自閉症だから、その「明るい部分」に目が引きつけられ
そこから目を離せなくなってしまう
これは「無遠慮な視線」と呼ばれるモノと同じ構造だ。



いくら明るい部分に目が引きつけられたとしても、見続けたら網膜が焼けちゃう。
それを防ぐには、ブラインドを閉めるしかない。
だから、妻は毎朝ブラインドを閉める。私は開ける。そして妻が閉める。こう言う毎日だ。

結局、ブラインドの角度を調整して、お互い妥協できる様にした。






これが、自閉症者と暮らすリアルであり、自閉症児のリアルだ。
「私は感覚過敏で困っています」「私の息子も感覚過敏です」とはならないんだな。
こういう文章を書く人は、ネットライターか、人の話をネタにしている人だろうね。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。