So-net無料ブログ作成

誰かが見ている世界 [見る]

RIMG012.JPG
◎「自閉症、アスペルガー症候群は立体視していない」
「統合失調症も発症すると立体視が出来なくなる」

「正常な人が見る世界」を知る統合失調症
「正常」を知らない自閉症との差は
非常に大きな差があるのです。





「自閉症者」のアドバイスによって創られた、
「自閉症が見ている世界のバーチャル映像」


しかし、不思議な事にその映像は、草間彌生さんが
幼い頃から見ていた世界。


草間彌生さんは統合失調症の芸術家です





1.自閉症は想像力の欠如がある。
  つまり判定テストで想像力の欠陥が認められたから
  自閉症の診断が下るのである。

2.自閉症は「他者のこころの理解」に問題がある。

3.バーチャル映像のアドバイスをした「自閉症者」は
  どうやって正常な人間の見え方を想像したのか。







私は医療機械メーカーで医学部研究室の装置開発に携わりました。

研究室での装置の使い道は二通り。
1.論文構築の為の情報集めの為に作る装置
2.論文結果を基に一般診療に使う為の装置開発





自閉症のバーチャルリアリティ映像の開発には、
高度の医療機関は関係していないのでは無いでしょうか。
さらに、その「見え方」について検証された論文は
あるのか無いのか。あまりメジャーでは無いでしょう。






誰かの思いつきで、商品化が簡単と言う事で始めた
プロジェクトだとすれば納得出来ます。
ただ、医学的根拠の無い商品の販売は難しいモノです。






色々考えると、アドバイスをした「自閉症者」は、
実は「統合失調症だった」と考えるのが自然でしょう。






むしろ「統合失調症の当事者」がアドバイザーで
「統合失調症患者が見る世界」を再現したと言う方が
妥当な所ではないでしょうか。





しかし、創価学会系の自閉症サイトでは盛んに
リンクを貼って販売使用推進に熱心です。






出来ればお仲間で使って頂ける様に願うしか
私には出来ません。



【 中座 】つづく・・・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。