So-net無料ブログ作成

手を差し伸べない幼児 [見る]

RIMG08.JPG

◎「自閉症、アスペルガー症候群は立体視していない」



さて、話が役に立たない私の立体視に話が逸れてしまいましたが
自閉症児が立体視していないのでは無いかという話を戻します。






実は自閉症が立体視しないというのは、
脳構造の発達の具合からも予測できます。





自閉症の脳が脳幹部海馬脳梁に発達の遅れが見られる事が
分かってきました。

脳梁とは脳の左右を繋ぐ部分で、右脳と左脳の情報交換をすると
言われています。






この情報交換に、右目からの情報、左目からの情報と考えた場合
その合成能力が劣っている事も十分考えられます。






自閉症の幼児が生まれた時、立体視していないとしたら、
どうでしょうか。






残念ながら、幼児の視覚については憶測するしかありません。
ただ、正常な幼児は頭の上に吊っているグルグル回る遊具に
向かって手を差し伸べようとしたりするので、
かなり早くから、立体視に近い形で見ているのでは無いかと
予測できます。






一方、自閉症児は母親に抱かれても身体を反らせて拒否したり、
指差しをしない事が知られています。





つづく・・・




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。