SSブログ

目玉の話 [見る]

RIMG0122.JPG

自閉症のこどもの目が真っ黒でひとみが開いている事は書いた。
土師順君がそうだ。





一方、アスペルガー症候群の診断を受けた妻のひとみはそれと正反対で、
常にもの凄く小さい瞳で、縮んでいる事も書いた。





黒い目を持つ私は、ひどい鬱でアナフラニールを10㎎処方されたが、
有り難い事に、その日のうちに効いた。





抗うつ剤が効くのはいいんだけど、目がかすむ。
いつもなら、そのままなんだけど、抗うつ剤が効いているから程なく眼鏡屋に行った。
何の抵抗もなくお店に行く気になってるんだね。





結果は、42才?で老眼と乱視と言われ、すぐメガネを作った。




しかし、メガネを掛けたとしても近くが見えるだけで、本当に見えなくて不便。
まるで霞が掛かったようだ。




どうも目のピントが合わないのは抗うつ剤の副作用の様だ。
しかし、副作用なんかどうでもイイぐらい抗うつ剤の効果は抜群だ。
その後、20年何度かの変遷を経て、今ではSNRIサインバルタを30mgになった。




抗うつ剤を飲んでから、目が悪くなったが、ひとみも昔のように開かなくなり、
黒い目を持つ人から普通程度の目を持つ人になった。




妻も曲折を経て、サインバルタ30mgを頓服で飲んでいるのだが、
こちらのひとみは締まったまま。
今でも茶色い目のまま。




本当なら、緊張しているひとみが緩んで、普通なみに開く事を期待したのだが、
そうはならなかった。




薬に関しては本当に人それぞれだから、その情報の積み重ねが重要になるんだけど、
とにかく自称当事者ばかりで、言う事は感覚過敏で生きづらいだけ。




貴重な情報は集まらないし、集まると困る人がジャマしに来るんだ。
なんだか憎たらしいのかな。




困ったもんだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。