SSブログ
-| 2018年09月 |2018年10月 ブログトップ
前の7件 | -

ブログを読み始める前に [はじめに(重要必ず読んでね)]

先日東洋経済のネットニュースで自閉症は10人に1人と言う話になっていた。
10人に1人ならインフルエンザに罹患している人より多い。
最も分かり易い自閉症の特徴に、指さしが分からない(分からない人が多い)
という事がある。 追記:共同注視が出来ないと言う事


だから、あれっ何?と公園で空を指差したとき、見当ちがいの方向を
あてどなく首を回して探している様な人は非常に怪しく素質十分。



現実には、殆どの子供、大人が誰かが指差した方向を難なく見るから、
その比率がガセネタと言う事がよく分かるだろう。



10人に1人なら、ゴジラ映画のみんなが同じ方向を見る場面が成立しなく
なってしまう。
1000人のエキストラなら、100人はあらぬ方向を見なきゃリアルじゃ
無くなっちゃうからね。




文科省が発表している発達障害の生徒の比率の数字があるはずなんだが、
この数字の根拠は無いと言っていい程希薄で、
2000年前後に創価学会のグループ
教職員有志のアンケート扱いづらい生徒」について
回答を得て、それを基に「発達の障害の可能性がある扱いにくい生徒」
と言うのが、確か10人に1人



その数字が、孫引きの孫引き。
加工の上の加工を重ねていつの間にか文科省が発表する事になった。

文科省が発表する位だから、おそらく補足として、医学的根拠は無いぐらいの
小さな、誰も気が付かない位の補足が付いている筈だ。



とにかく、「文科省の数字によると」と言うマスコミも、その数字の出所や、
調査の精度や根拠まで調べないから、錦の御旗としての数字が一人歩きしている。

働き方改革、外国人研修生の時のデータと作り方は全く一緒だ。



実はこの「創価学会発文科省型発達障害」(リンクを必ず見てね)の宣伝には、医者も協力している。
根拠はDSM-5と言うのが決まりで、
医者の中には好んで或いは意図的にやたらとDSM-5を強調するし、
マスコミも記事中に必ずDSM-5を持ち出して「発達障害は10人に1人」と大げさに書く。

そしてその内容は自閉症の話
誰もが自閉症が10人に1人と勘違いする様な記事だ。




では、DSM-5って何?と記事を読み進んでも誰もハッキリ書かない。



DSM-5とは、医者が論文を書いたり、或いは民間人が論文を翻訳する時に、
ミンナ勝手に思い付くまま翻訳してしまうと混乱してしまうので、
なるべく統一しましょうと言う取り決め。
「DSM-5 病名・用語翻訳ガイドライン」と言うモノなのだ。



この中で、確かに知的障害も自閉症も運動障害もADHDもチックも皆
発達障害と言うカテゴリーでくくり表現されているが、これはあくまで翻訳家が
「生まれつきの障害」を勘違いして記述しない様にするためのモノ。



「精神病の中で生まれつきの障害」「発達  障害」としているだけだ。
これを基準に医者が診断を下す訳では無い。 異議があるお医者さんは是非コメントを下さい。





精神的に問題を抱えた患者が病院へ来る。
問診をしたり、経過を見たり、その他の様子を窺いながら、医学上の診断基準
 ICD-10 を見ながら診断範囲を狭めて行く。



いよいよ自閉症が怪しいとなると、テストを受けさせる



この自閉症のテストは、ウタフリスやバロンコーエンやハッペやウイングが
長年掛かって探り当てた自閉症の特性を、ものの見事にあぶり出すテストだ。
ホントにビックリするよ。



このテストがあって初めて明確に自閉症、アスペルガー症候群が初めて理論的に
現実的に定義出来る事になり、間違いが少ないと証明されたので、
医学学会でも判定基準と認められた



だから、診断を受けずに「私はアスペです」と主張しても
「病院行ってテストを受けてから言え」となる訳だ、



自閉症は医学的な問題であるから、先ず医学的根拠を基準にして、
教育的配慮はそれに応じた配慮が必要と私は考えている。



だから自閉症の発生率についても、
ウタフリスが英国で行った医学的な大規模疫学調査、つまり、


自閉症児は600人に1人の数字を最も信頼し基礎としている。

Scan0069-2.jpg

創価学会のグループ扱いづらい子供達のアンケートを取り数値化したが、
この手のアンケートは、遙か昔から、欧米でも盛んに行われ医学論文となっている。




それは、子供の状況が細かく語られている。




35人のケースのうち、8人は
「学校中のみんなが、その子が、風変わりで、奇妙で、変な子だと気付いていた」
12人は
「繊細で、恥ずかしがりで、内気で、消極的だった」
10人は
「ちょっと性格的問題があった」
残る5人は
「まったく普通に見えた」

別の調査では「ひきこもり、無感動、受動性」であると言う。さらに、
「運動発達遅滞、協調運動機能の拙劣、奇妙な歩き方発語の遅れ」がみられる。

別の調査では「非社交性」が見られる。

別の調査では「非社交性は男児には見られず、女児のみの特徴」であると言う。

別の調査では「文を話し始めるのが遅れ、読書の習熟がおくれる」

別の調査でも「会話、言語、読書の領域で」発達的問題が高率に発生。

別の調査では「反応の鈍さ、視線を合わせないこと、肯定的感情表現が少ないこと、
      協調運動の拙劣」が目立っていた。

別の調査では「いつもおとなしく恥ずかしがりで、ひきこもりがちで、神経質で、
      怖がりで、自信のない」子どもだった。
別の例は「明らかに普通の子どもがするよりずっと長時間、自分の指をいじって遊んでいた。
‥‥‥そして、一人ぽっちで臆病だった」

別の調査では「心理・運動機能が遅れており、より孤独で無口、より繊細、
      脅迫的依存的、神経質」

別の調査でも「追従的、繊細、深刻に悩む、従順で優しい、依存的、
      静かで恥ずかしがり、神経質」

別の調査の小学生時代「恥ずかしがりで、ひきこもりがちで友達も少なく、
      非社交性。別の患者は、
      つねに攻撃的で、論争的で、奇妙な行動をした。また学習障害
      神経学的機能障害の徴候も多く見られた」






ここまで、辛抱強く、分かり切った様な話を読んで頂き本当にありがとう御座います。





このブログを読みに来るような人であれば、何を今さら、しつこいとお思いでしょうが、
ここから先が、ちょっと、ピリッと締まる話になります。





IMGP6267.jpg

上記で羅列した論文は、すべて「ふたごが語る精神病のルーツ」という書籍から
書き起こした文章です。



この論文集のうちの、書き出した部分は、書物内では分裂病「統合失調症」
罹患した患者の子ども時代に遡って、調査した論文なのです。





つまり、これらの子どもの症状は、「統合失調症」の子ども時代
症状集なのです。




日本で言われている、ネットで振りまかれている「自閉スペクトラム症」
或いは「発達障害」として言われている症例と全く同じだと思いませんか?



これは米国でも同様であるようで、
しばしば自閉症を一緒にしてしまって混乱することもある」と明記してあります。




日本の状況は逆で、「統合失調症」である事は見ないように、
逆に統合失調症の症例を自閉症に寄せ、「なんでも発達障害」で
ひとくくりにしようとしている様に感じられます。




この状況は、本当に不思議でしょうがないのですが、
日本の一部の医者が実は自閉症と統合失調症の子どもとの
見分け、診断が出来ていない(出来ない?のかも知れません。




とにかく、日本が自閉症児にとって特殊、異常な状況にある事だけは知っておいて下さい。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

切れないスイッチ 2004年論文集 自閉症と発達障害の進歩 [2004Vol8自閉症と発達障害研究の進歩寄稿文]

Scan0117t.jpg

自閉症の論文集に寄稿しないかと言う話を頂いて、妻が書き上げた文章です。
海外向けに英語翻訳がされたと言う事でしたが、残念ながら英文原稿は見ていません。
プロがどう翻訳したか読んで見たかったのですが・・。

多少難解な所がありますが是非読んでみて下さい


自閉症と発達障害研究の進歩 2004 Vol.8
〈特集〉コミュニケーション
高木隆郎/P.ハウリン/E.フォンボン編  星和書店刊

 
当事者の声〈Ⅷ〉  切れないスイッチ

 

クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2002 11分科会山岸徹(抄録)彼女が会社を止(や)めるとき [2002年自閉症カンファレンス講演会]

IMGP7065.JPG
IMGP7067.JPG
彼女が会社を止(や)めるとき


山岸 徹(アスペルガー症候群の夫)     産業用設備機械、装置設計開発 自営 45才(当時)


私達は奇跡的な確率で巡り会った、共にアスペルガー症候群の夫婦だ。
(受診時に受けたWAIS-Rでは、妻がiq129私がiq115)

自分達の事なので日頃から自閉症について考えている。
最近最も気に入っているのが、自閉症が第一義にあり、それぞれに合併症があるという考え方だ。

この考え方によると、私は自閉症と鬱病の合併、妻は自閉症と脅迫性障害の合併である。



つづく・・・




クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自閉症カンファレンス山岸美代子(抄録)彼を会社につれてって [2002年自閉症カンファレンス講演会]

IMGP7066.JPGIMGP7068.JPG
彼を会社につれてって


山岸 美代子(アスペルガー症候群の本人) 主婦・パート 46才(2002年当時)


三つ子の魂百までもと申します。



私の主人は43才のときアスペルガー症候群の診断を受けました。

当年45才ですが、なるほどことわざ通り、
行動療法もものかは、アスペルガー症候群の本質は三歳児の頃よりまったく変わっておりません。



本日はそのことをお話しようかと思います。







クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

カンファレンス講演山岸美代子学校の怪談 [2002年自閉症カンファレンス講演会]

IMGP7066.JPG

自閉症カンファレンス2002

大きな講堂201会議場が私達の口演にあてがわれました。

私が口頭で発表した話を載せます。何かの参考になれば。(一部追加修正有り)




はじめまして

本来なら抄録にある内容を発表するのが本当なのでしょうが、今日は別な話をしたいと思います。



何故かというと、何らかの要因で突発的に発生した自閉症は(現実にあれば)別ですが、
私達のように、一子相伝 自閉症の宗家ともなると、家族、親類縁者、変なのばっかりです。


特に私の父は、50才でアルツハイマー病の予兆を示し62才で死にました。


私もそろそろ、父の様子が変わってきた年齢に近くなりましたし、実際自覚症状も出てきました。
今、言いたいことを言っておかないと、後悔しますからね。


まあこれから口に任せて話しますので、
その中に、皆さんのヒントになるような所があったら、是非利用して下さい。


抄録にある話は大人になってからの具体的なエピソードとして書き起こしましたので
後でじっくり読んで見て下さい。


他にも、

40年かかってやっと落ち着いで作業が出来る環境になったが、これはTEECHだった。とか、
情報を脳の内部でどの様に処理され、うまく実行されないのか、その実行までのようす。とか、
漢字圏における読字障害と、英語圏における読字障害の発生の違いと、
読字障害に陥る課程の具体例。とか、
パニックの具体例とその構造。とか、
自閉症に多い斜視や、視力障害についての考察。とか、
自閉症に関する症例を網羅した実例を準備してきましたので、どこまで話せるか。




先ず山岸美代子が話します。








クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

解説 えんま大王 [2002年自閉症カンファレンス講演会]

解説学校の怪談
この話は、カンファレンスで美代子が口演会で話した事です。
ブログでも公開したのですが、再三のブログ強制削除のどさくさで、テキストデータも紛失して
いましたが、今回手入力で復活させました。

なぜこの文章を葬りさろうとしたのか今以て謎ですが、改めて読んで見ると、
私達のレベルの自閉症つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているので
さらに分かり易く解説する事にします。

本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。




解説 えんま大王

春なお浅い中一の一学期、英語の時間だった。
授業中、ふいに一年二組の教室に不気味な静けさが漂い、
見渡せば、私以外のクラス全員が背中を丸め、一心に何かに取り組んでいる。


注記:緊張による五感の喪失 聞こえていない
   一次反抗期をやり過ごし、小5以降の「ある程度結果を見越した節度ある行動」を理解出来ずとも
   なんとか誤魔化した小学時代。

   中学進学はさらに大きく環境が変化し体も変化する時期。

   本人にとって異常な緊張が続き、時にその緊張が過ぎて指示が耳に入らない。

   私の場合は、真剣で勉強が好きなのに入学一週間で授業中に居眠りしてしまった。
   以降、毎日の様に居眠りを繰り返し、「中一で居眠りする奴は始まって以来」と言われた。





当時の区立中学は、小学校ですごく出来た子も、
普通に出来た子も、普通に出来なかった子も、
まったく出来なかった子も、悪ガキも真面目な子も、一緒くただ。
「えっ?」櫻井さんが迷惑そうに顔を上げる。
「ねえ、何してるの」私は小さな声で繰り返す。


注記:コマンド再取り込みの必要性
   ネット情報の発達障害は「※※だから発達障害」とすこぶる簡単だが
   現実の自閉症は違う。

   妻は一つの情報に一つの事柄の関連を見つけ、さらに次の関連を見つけ出す。
   常に一つの事を深く掘り進めるのだが、間違いを知ったときにはふりだしに戻る。
   便利な事もあるが、不便な事の方が多い。

   一方私は全ての関連情報を同列に集めその中から選び出すという事しか出来ない。
   便利な事もあるが、不便な事の方が多い。

   情報というビー玉を一個ずつ並べ続けるのが妻の手法であり、
   ひたすらビー玉を集め続けるのが私の手法である。

   全く違う事をやっているが、結局大量のビー玉を集めていると言う結果だけは同じになる。
   大量のビー玉を持っていると概念付けるとこれが「アスペルガー症候群」と概念化出来る。
   しかし、その表出、あらわれ方が全く違う。この違いは専門書にはあるがネット情報には無い。

   私もこの様な場面は日常だったが、すぐに周りの様子や鉛筆の先を盗み見て判断し同調する。

   妻の場合は、「指示を守る」というコマンドが生きているから、その具体的指示をもう一度 
   確認しなければ行動に移せない。それが、誰かに聞いて確認するという行動を導き出す。

   「アスペルガーにはこういうアドバイス」と言う話はたった二人私達夫婦の例を見ても
   あらわれ方が逆方向、全く違うのでほとんど役に立たない事が分かる。





櫻井さんはセーラー服の袖でノートを囲い込みつつ
だから何してるって何?」と声が大きくなったその瞬間、
「そこの二人!廊下に立つ!」
数分後、男性教師が様子を見に廊下に出て来た。
手には黒いえんま帳。
「私は話しかけられただけです」私の方を見遣り、自分にはまったく非がない事を主張する櫻井さん。
櫻井さんの鋭い口調に教師は一瞬うろたえたものの、
「授業中は話しかけられても答えない!櫻井は入ってよし!」と威厳を保ち、
えんま帳は開かなかった。
私はしばし無言でにらまれた後、
「口は災いの元」と言われ、えんま帳に何かしっかり付けられる。
未だにあのときみんなが何をしていたのかわからずじまいである。


注記:集団ルールの確認
   未だにあのときみんなが何をしていたのかわからずじまい、と言うのは話のオチではなく、
   本当に解ってない話であり、口演した43才時点でも無く、現在の62才の時点でも判っていない

   実は私も中3の時「お前は転校生だから内申点0だからな」と言われていたが、これも61才に
   なった今でも未だにわからない話なのだ。

   これは私の憶測だが、集団に属している以上得ていなければならないルールは無数にある。
   上記のエピソードもその一つに過ぎないのだが、全く重要だと感じない考えない私達には
   不必要な情報であるので、その危機をやり過ごしてしまえば、もう関係の無い事になる。
   この特徴を、現在は「注意欠陥」と片付けられてしまうのだが、注意欠陥で情報を逃す事と、
   元々なんの価値も重要性も必要性も感じず、失った情報を得ようともしない事とは、
   根本的に違う。


   この様に年齢を重ね経験を重ねても分かる術をもたない、持てないのが私達自閉症なのである。

   これをして、生まれつきの障害。目で見て分からない障害と言われる所以なのだ。



えんま大王
emb-2317293.jpg



クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

解説 えんま大王2 [2002年自閉症カンファレンス講演会]

解説学校の怪談
この話は、カンファレンスで美代子が口演会で話した事です。
ブログでも公開したのですが、再三のブログ強制削除のどさくさで、テキストデータも紛失して
いましたが、今回手入力で復活させました。
なぜこの文章を葬りさろうとしたのか今以て謎ですが、改めて読んで見ると、
私達のレベルの自閉症つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているので
さらに分かり易く解説する事にします。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。




解説 えんま大王 (解説えんま大王1から読んでね)

春なお浅い中一の一学期、英語の時間だった。
授業中、ふいに一年二組の教室に不気味な静けさが漂い、
見渡せば、私以外のクラス全員が背中を丸め、一心に何かに取り組んでいる。
注記:緊張による五感の喪失 聞こえていない
   一次反抗期をやり過ごし、小5以降の「ある程度結果を見越した節度ある行動」を理解出来ずとも
   なんとか誤魔化した小学時代。

注記の注記:
  一次反抗期前の低学年の時には、おとなしく従順であれば全く問題になる事が無く、
  時に子供同士のけんかがあっても、おもいつく限りの罵り合いをするだけで終わる。


  一次反抗期を迎えると言う事は、自我が育ち社会性が飛躍的に伸びる事で、グループ化も始まり
  特に女子生徒同士での駆け引きが始まると言う。


  自我が無い(自我を持つ事が出来ない)マインドブラインドネス、知能の高い自閉症の場合、
  まずこの時点で周囲と差が付くのだが、知能が高くさらに成績が良ければ、その事だけで
  許されなんとか生き残る事が出来る。



  小学5年生になると、さらに自我が成長し自己の行動について意識出来る様になる。
  私が5年生の道徳の時間、ある教育番組を見せられた。


  それは、家の事情で新聞配達をしている子A君が居る。
  ある日A君が学校で新聞配達をしている事を大変褒められた。
  それをうらやんだ友達B君が自分も新聞配達をやると張り切って始めた。
  しかし思いつきで始めただけで、途中で嫌になるし、適当に配達したら新聞が水に濡れ、
  大目玉をくった挙げ句B君はクビになった。

  さて、みなさんはこれを見てどう思いますか。B君の事をどう思いますか。

  と言う課題。もちろん子供たちは
  「仕事を途中でほおり投げると迷惑がかかるのでいけないと思います」等当たり前の事を答え、
  私も同様だ。



  しかし、私の間抜けな所はその後にある。勢い勇んで家に帰った私は母にこう告げた。
  「おかあさん!わがはい新聞配達やる!」
  「新聞配達?どーして」
  「家のためにお金を稼ぐよ!」
  「お金稼ぐって言ったって、トールおこずかい貰ってるじゃ無い」
  「じゃあお小遣いはそれで稼ぐよ」
  「大変だよ。朝4時には起きなきゃダメなんだよ。朝起きれる?」
  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そーか」



  先生が道徳の時間を使って番組を見せ、それをテーマにみんなで議論しながら考えさせたのに、
  勉強は出来ても全く分かっていない私



  実はこのエピソードもそのまんま。ビデオ画像の様に記憶していただけで理解してた訳じゃ無い。
  自分が当時驚くほど理解していなかった事を理解出来たのは、45過ぎ50才ごろ盛んに妻と
  討論を交わしていたさなかに気付いた事なのだ。


  もし、妻が居なくて文献だけで自閉症を理解しようとしていても、自分の事であるが故に
  未だに理解していなかったかもしれない。
  それほどマインドブラインドネスと言う事は凄い?酷い障害なのである。





   中学進学はさらに大きく環境が変化し体も変化する時期。
   本人にとって異常な緊張が続き、時にその緊張が過ぎて指示が耳に入らない。
   私の場合は、真剣で勉強が好きなのに入学一週間で授業中に居眠りしてしまった。
   以降、毎日の様に居眠りを繰り返し、「中一で居眠りする奴は始まって以来」と言われた。


当時の区立中学は、小学校ですごく出来た子も、
普通に出来た子も、普通に出来なかった子も、
まったく出来なかった子も、悪ガキも真面目な子も、一緒くただ。
「えっ?」櫻井さんが迷惑そうに顔を上げる。
「ねえ、何してるの」私は小さな声で繰り返す。
注記:コマンド再取り込みの必要性
   ネット情報の発達障害は「※※だから発達障害」とすこぶる簡単だが
   現実の自閉症は違う。
   妻は一つの情報に一つの事柄の関連を見つけ、さらに次の関連を見つけ出す。
   常に一つの事を深く掘り進めるのだが、間違いを知ったときにはふりだしに戻る。
   便利な事もあるが、不便な事の方が多い。
   一方私は全ての関連情報を同列に集めその中から選び出すという事しか出来ない。
   便利な事もあるが、不便な事の方が多い。
   情報というビー玉を一個ずつ並べ続けるのが妻の手法であり、
   ひたすらビー玉を集め続けるのが私の手法である。
   全く違う事をやっているが、結局大量のビー玉を集めていると言う結果だけは同じになる。
   大量のビー玉を持っていると概念付けるとこれが「アスペルガー症候群」と概念化出来る。
   しかし、その表出、あらわれ方が全く違う。この違いは専門書にはあるがネット情報には無い。
   私もこの様な場面は日常だったが、すぐに周りの様子や鉛筆の先を盗み見て判断し同調する。
   妻の場合は、「指示を守る」というコマンドが生きているから、その具体的指示をもう一度 
   確認しなければ行動に移せない。それが、誰かに聞いて確認するという行動を導き出す。
   「アスペルガーにはこういうアドバイス」と言う話はたった二人私達夫婦の例を見ても
   あらわれ方が逆方向、全く違うのでほとんど役に立たない事が分かる。

櫻井さんはセーラー服の袖でノートを囲い込みつつ
だから何してるって何?」と声が大きくなったその瞬間、
「そこの二人!廊下に立つ!」
数分後、男性教師が様子を見に廊下に出て来た。
手には黒いえんま帳。
「私は話しかけられただけです」私の方を見遣り、自分にはまったく非がない事を主張する櫻井さん。
櫻井さんの鋭い口調に教師は一瞬うろたえたものの、
「授業中は話しかけられても答えない!櫻井は入ってよし!」と威厳を保ち、
えんま帳は開かなかった。
私はしばし無言でにらまれた後、
「口は災いの元」と言われ、えんま帳に何かしっかり付けられる。
未だにあのときみんなが何をしていたのかわからずじまいである。
注記:集団ルールの確認
   未だにあのときみんなが何をしていたのかわからずじまい、と言うのは話のオチではなく、
   本当に解ってない話であり、口演した43才時点でも無く、現在の62才の時点でも判っていない
   実は私も中3の時「お前は転校生だから内申点0だからな」と言われていたが、これも61才に
   なった今でも未だにわからない話なのだ。
   これは私の憶測だが、集団に属している以上得ていなければならないルールは無数にある。
   上記のエピソードもその一つに過ぎないのだが、全く重要だと感じない考えない私達には
   不必要な情報であるので、その危機をやり過ごしてしまえば、もう関係の無い事になる。
   この特徴を、現在は「注意欠陥」と片付けられてしまうのだが、注意欠陥で情報を逃す事と、
   元々なんの価値も重要性も必要性も感じず、失った情報を得ようともしない事とは、
   根本的に違う。
   この様に年齢を重ね経験を重ねても分かる術をもたない、持てないのが私達自閉症なのである。
   これをして、生まれつきの障害。目で見て分からない障害と言われる所以なのだ。
えんま大王
emb-2317293.jpg



クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い
前の7件 | -
-|2018年09月 |2018年10月 ブログトップ