So-net無料ブログ作成

療育のヒエラルキー(ピラミッド) [療育のウソ]

RIMG0106.JPG
療育問題を提起すると、壮絶なブーイングが起こります。



一度ブーイングになると全くその内容は関係無く非難の嵐になります。
非難する前に、まず一度最後まで読んで下さい。



療育、私はこの言葉が大嫌いですので、ここでは障害児教育とします。



障害児と係わる中で、最も大変なのが、であり、現場で直接子供にふれ合う教育者です。
現場で、ひとりとして同じ状態の子供が居ない中で、暗中模索で対応しなくてはなりません。



2000年突然発達障害商売が始まり、療育商売が出来上がりました。新たな価値、創価です。

作り出された発達障害児、さらに発達障害グレーゾーン大量発生しましたから、
それに対応する人員が必要です。
カウンセラーを作りましょう。カウンセラーが必要だと宣伝します。
カウンセラーを作るために、学校を作りましょう。学校では民間資格を与えましょう。



障害児の事を真剣に心配している人、何かが琴線に触れた人達が、こぞって資格を取ろうと
学費を払い、学校に通い、決められたカリキュラムを学んで資格を得ます。




さて、この療育ピラミッドの一番頂点には誰が居るでしょう。




学校でしょうか。
女性の起業がもてはやされた時、起業する女性はすべて、企業経営の経験もないのに、
起業講座を開くという、講座のねずみ算の時期と酷似してます。




学校では村上由美さんの様に母親の療育で自閉症が治った人を講師に迎えるのが最適です。
治ったんですから。
そして、人気講座を持つ学校運営は利益が出ればなお素晴らしい事でしょう。




お金を払って資格を得た人はどうでしょう。
仕事を学校から紹介されて就職できたら上出来ですね。

仕事に就けなかったら?まあ資格が手に入ったから良かったかな?



資格を得て開業した人は?繁盛すれば凄い事ですが、現実に該当する子供が少なければ、
維持するのも難しい筈です。





冷静に考えて見て下さい。
この中で、一番得をするのは誰だと思いますか?
アナタならどの立場になりたいですか?





さらに、一番の問題はこの療育のヒエラルキーピラミッドに参加している人達は、
ほとんどが良心に従って、良かれと思って行動している事なのです。





その善意好意良かれと思ってやっている事の中に大きな過ちが潜んでいる時に、
それを、うまく、分かるように伝えられない事が一番の問題なのです。





その善意が、子供をこわす事に繋がることから目をそらせてしまうのです。





間違いはすぐ変更します。詳細はコメント欄にて詳しくお書き下さい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

栗原類 療育の成果 [療育のウソ]

a390.jpg

webマガジン mi-mollet  上で 

山本奈緒子記者が一生懸命、発達障害は10才までの早期療育が勝負だ!

と訴えている。


大体、発達障害と言われても、発達障害自体は概念で単独の障害名では無い。
じゃあ、何なんだ?と言う話は、ちょっと置いておいて。


この人の一押しが杉山先生。


杉山先生は私の事を「文章を見ただけで偽アスペ」と診断してくれた。



しかし、その名診断が載ったwebマガジンは、始めその記事だけ
アクセス出来なくなったが、その後そのwebマガジンごと消えてしまった。
廃刊が無い事で有効だとされたWebマガジンがである。

ちなみに記事は「自立をめざして!Gakken特別支援教育Webマガジン12月号」



激しく療育が宣伝され始めたのが2000年。それからもう19年。
当時6才ならもう25才。



ところが、療育に出会って本当に良かったと感謝する親に出会った事が無い。
療育は素晴らしいという親の話を読むとみんなまだ子供だ。



栗原類をことさら宣伝に使うが、
栗原類は幸運にも日本の療育の垢には染まらず、米国で母親の愛情にはぐくまれて、
今がある。


とてもこのmi-molletの、山本記者の話に説得力があるとは、私には思えない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

療育への誤解 [療育のウソ]

RIMG0099.JPG

療育の話をすると膨大なブーイングが寄せられる。不思議でしょうが無いんだけど。



私が警告を発しているのは、明確な自閉症児、或いはアスペルガー症候群の子供に対して
そこらの療育を施さない方がよいですよ、と実例を挙げて言っているのだ。



自閉症に含まれない、一般的ないわゆる発達障害。
DSM5で言う、ADHDであったり、知能障害であったり、チック症であったり、運動機能障害で
あったり、その他の障害の人は療育でも何でも試してみればイイ。

感覚統合であったり、運動療法であったり、イルカ療法であっても構わない。
どんどんやればイイ。



発達障害とされる中でも自閉症は少数だ。
その少数の子供を持つ親御さんは、注意しなければいけない。何故か。



例えば、普通の知恵遅れの子供は、療育という名前の「訓練」を毎日毎日受けていても、
やはり忘れてしまう。忘れない為には、同じ事の繰り返しと訓練が役に立つ



ところが、厄介なのが自閉症児。
基本的な所でコミュニケーションが取れないが、見た目行動は知能障害知恵遅れの子供と同じ。
ところが、コミュニケーションが取れないだけで、記憶力が強く異常であるのが自閉症児。



言われた事は、一回で覚える。ただ、言われた通りやれないだけ。
それを何度も何度も、療育と言う名の「訓練」を強要され続けると、
いつの日か、突然壊れるんだよね。


それは、カナー型の息子が自殺未遂まで追い込まれ壊れたさまを、実録で残してくれた証拠がある。


カナー型でも壊れる。アスペルガーはどうやって壊れるか。
酒鬼薔薇聖斗が壊れた
私は酒鬼薔薇聖斗ほど壊れなかったが、同じ様に壊れた
私の妻も私程ヒドくないが、妻も壊れた



療育関係者が、子供を壊して責任取ってくれるか?守るのは親だけだ。
逆に壊す事も出来るけどね。
これだけ壊れた実例があれば十分じゃ無いか。まだ足りないって言うのか。
自閉症児は少ないんだからほっといてくれ。




自閉症児を持つ親がどうしても療育を施したいと言うなら、実績のある、35才以上の過去の
卒業生の様子を確認して、その親御さんの話を聞いてから預ける方が安全だ。



創価学会の会員の人は、現世利益で療育でキッと良くなるから、どんどん療育に励めば
みんな潤ってそれはそれで素晴らしい事だ。教えに従うといい。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

療育の価値 [療育のウソ]

tech1.jpg

私が療育と言うとすべて否定的な意見だと考えるかもしれないが、療育という単語が異様に嫌いな
だけで、すべてを否定している訳では無い。



私が最も危惧しているのは、一般的な知能障害、つまり知恵遅れの子に親しんだ人が、
ホンモノの自閉症を見た時に、その違いを知る知性を持っているかどうかと言う事だ。



実は、これが最も重要で難敵でもあるんだが、マスコミ特にNHKがおだて上げる例えば、
「素晴らしい絵を描く自閉症。今度会社のポスターに採用」と言う様な例が、
ことごとく自閉症では無く、知恵遅れの子供なんだな。

知能が低いが、周囲が期待する事をその通り実現して絵を描いてみせる。そういう子だ。



一方、障害者施設で働く人の苦労をクローズアップするドキュメンタリーなんかは、
不思議とその困った行動をする障害者は、自閉症なんだ。困り具合が画になりやすいんだろうな。



それ程、障害者施設でも特別の行動を取る自閉症児を、一般の知能障害との区別無く、療育の名で
強い働きかけをし続けるとすぐに壊れるのはすぐ分かる。



もし、本当に療育というモノを分かってやっている所なら、自閉症児は特別な違うプログラムで
対処しています、と言う様な所なら、これは信用出来る。



そして、療育の最も重要な点を語る施設を見た事は無いが、療育施設の本当の意味は、
自閉症児を育てる上で、親が壊れてしまわない様に、親が自閉症児とのつきあい方を、
子供と共に探し出す事が、療育施設の真の意味、存在価値なんだ。



一時的でも、親が子供から離れ気を抜く事が出来、冷静になって、もう一度子供の可愛らしさを
思い出し、また新たな活力が生み出る。
そうじゃなくちゃ療育施設の意味が無い。



自閉症児の子育てブログをのぞき見たら、ただ子供を育てるだけでも大変なのに、
さらに嫌がる子供を療育施設に無理矢理連れて行き、親子共に療育施設そのものが負担になる。
そんな馬鹿げた話は無いが、どうも最近はそうらしい。



自閉症児は、コミュニケーションが取れないから、知能が低い様にしか見えないが、
記憶だけは抜群だ。
それが端的に表れるのが、サバンと言われる人達。
彼らの様に、何か特異な表現としては出て来なくても、同じ様に、毎日何かを強烈に記憶し、
それを一生忘れない。

私たち夫婦は、その事を「生まれつきのPTSD」と言っている。


ただでさえ、PTSDをストックしてしまうのに、わざわざ自閉症児の経験の無い療育施設で
PTSDの山を記憶させる事は無い。



自閉症の子供と両親が、少しでも苦しい思いをする様な療育施設はすぐに止めた方が良い。
親が楽になれる様な療育施設を探しまくった方が余程建設的だ。



nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:育児