So-net無料ブログ作成

ブラウン管の中 [見る]

RIMG010.JPG

★「人は本当は立体視してないんだよ」




私が当時テレビの中に見ていた像はこんな風です。




テレビのブラウン管は当然ありますから、
ブラウン管のガラスで向こう側とこちら側は完全に
隔絶されています。





当然ボールが画面から飛び出したり
貞子がブラウン管から出て来たりする事はありません。




例えば芝居の舞台が放送がされているとしましょう。
吉本でもシェークスピアでも構いません。




ブラウン管の少し奥、つまりブラウン管のガラス面から奥側5センチ
位のところに舞台がある様に見えます。
その舞台の上を役者が右に左に、奥に手前に自在に動く様な感じです。




本来はブラウン管の表面に映像が写されているだけなんですが、
それなのに、私の頭の中では、限られた範囲ですが、
奥行きを持って奥行きを感じて見ていたのです。




無論これは錯覚のなせる技。
頭の中で完全に平面を立体であるかの様に錯覚しているのですが、
その錯覚をなかば現実として受け取っていたのです。




ただ、この感覚は人間の成長の過程で変化していくモノ
誰でも1度はそんな風に感じながら成長するモノなのか
自閉症に由来しているのかはこの時点では判定出来ません。



つづく・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児