So-net無料ブログ作成

ピカソ [見る]

RIMG02.JPG

★「人は本当は立体視してないんだよ」

ではあのピカソは?





ピカソの幼少期の話を聞くとどうも1.のプロセス。
つまり、立体のモノを平面に捉えるというプロセスを難なく飛び越し
すぐ2.のプロセス、技術の習得に入った事を伺わせます。




ですから、8才にして美術教師だった父をも凌ぐ作品を仕上げられた、
と考えられます。




ここでは何を言いたいか。
つまり、ピカソは幼児の頃から立体視を求められず、
平面の世界にいたから、すんなりと抵抗なく絵を書く世界に入り込めた
のでは無いかという事です。





これは、あくまで仮説ですが、この仮説に依れば、
「普通の人でも立体視をしていない人がいる」
と言う事です。




ピカソが自閉症だとかアスペルガーだとか言っている訳では
ありません。




あくまで、「立体視していない人がいる」可能性についての議論です。





では、この話が自閉症とどの様な関係があるのでしょう。


つづく・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児