SSブログ
2004年 都通研 講演会 ブログトップ

都通研第2回研修会 講演 山岸徹 [2004年 都通研 講演会]

2004年7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演 口演録1
                                    2010/08/12訂正
この話は、都通研口演会で話した事です。ブログでも公開したのですが、
再三のブログ強制削除の対象になった文章です。
この文章はスラップ訴訟の訴因にも取り上げられた文章ですが、改めて読んで見ると、
私達のレベルの自閉症つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているので
調停内容に従い内容を訂正し、さらに分かり易く解説する事にします。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さんこんにちわ。

私は****でアスペルガー症候群と診断を受けた大人です。
精密機械工学を専攻し職業は機械の設計をしている47才です。(注釈:2004年当時)

こちらは、私の妻でコレも又アスペルガー症候群の診断を受けています。



同じアスペルガー症候群でもウイングが自閉症スペクトラムと言ったように、
二人として同じ人はいません

彼女は、話すことはうまくまとめられませんが、文章にすれば何とか自身の内面を見つめられる
タイプなので、幹事さんにお願いして、冊子に文章にて記すことにしました。

一方私はこの人よりも話すことが得意なので、口演を担当します。




クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(1)  コメント(0) 

都通研第2回研修会 美代子冊子「つきまとう影」 [2004年 都通研 講演会]

2004年 7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演冊子1
                                  
この話は、都通研口演会で配布した内容です。ブログでも公開したのですが、何故か再三の
ブログ強制削除の対象になった文章です。改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症つまり
アスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く解説する事に
します。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都通研にて講演を依頼されたときに、簡単な冊子を用意出来るということだったので
この原稿を用意しました。
私の講演は自閉症を科学的側面から切り込んだものですが、この冊子の内容は、コンピューターで
言うと「ソフトウエア」の側面から切り込んだものです。

どちらも「SAM」あるいは「自己意識」という同一のものについて語ったものですが、
両側面から見つめることで、よりその輪郭がはっきりするはずです。( 徹 )



「つきまとう影」    美代子 専業主婦 48才



クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング
Scan0057.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「つきまとう影」 あとがき [2004年 都通研 講演会]

Scan0060.jpg

妻が書いた「つきまとう影」を最後まで読んで頂き有り難う御座いました。


私が書くモノは、「飛びすぎて解らない」と言われる様に、過剰な省略が特徴です。
コミュニケーションの障害はこんな所にも否応なく出てしまうので、
なるべく面倒くさがらず、省略せずにしつこくしつこく説明しようとしていますが、
意図した様に伝わらないと初めから諦めている所もあります。

だからこそ、ブログ上でも何度も何度も同じ事を、何とか普通人にも分かる様に、
形を変え、書き方を変え伝えようと書き続ける事になります。



妻は私とは全く別で、文章は推敲に推敲を重ね、伝えたい事に伝えたい事を重ね、
結局、一部の隙も無い程詰め込んでしまうので、結局「大変解りにくい難解な文章」になります。



今回、何度も何度もブログ削除の憂き目に遭ってきた文章を、再度復活させるにあたり、
もう一度妻の文章を見直しながら、少しでも理解し易い様にレイアウトに余裕を持たせ、
さらに、私自身も妻の文章の内容をかみ砕きながら、考え、読み込みました。



ハイパーレキシアの私は、文章を素早く読み込み解った様な気になってしまうのが欠点です。


再度時間を掛け、じっくり「つきまとう影」を読み、すでに2004年には自閉症の事を
こんなに解っていたんだと、本当に驚きました。


何故なら、その後も毎日の様に自閉症の事を話し合い、考え続けて、最近ようやく導き出した
と思っていた事柄も、すでにこの時期に「分かっていた」事を改めて認識出来たからです。


しかし、2004年にはもう「分かっていた」としても、本当に「解っていた」かどうかは疑わしく、
じゃあどうなったら「判った」事になるんだ?とまた別の疑問が湧いてきます。


つまり、結局私は自閉症の事が「分かった」のが「解った」が本当に「判った」のでしょうか。



誰か教えて下さい。そうすれば、ブログも書く事も無く楽になれるでしょう。(ホンマカイナ)

クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
2004年 都通研 講演会 ブログトップ