So-net無料ブログ作成
研究素材(未分類) ブログトップ
前の5件 | -

別の決着 [研究素材(未分類)]

RIMG0002.JPG

西日本新聞はまるで創価学会の申し子の様に、徹底的に「発達障害」と表現する。
そこにまた象徴的な記事が出た。




内容の詳細は記事を読んで貰いたい。

報道機関の記者と言うのは、取材者の話す中から事実を抽出する仕事だと思うが、
現実にはそう言う記者は非常に少なく、殆どは誰かの話をただそのまま書くだけだ。







この記事の内容は、二十歳の女の子が自殺してしまった話だが、その母親の話には矛盾がある。





理由は分からないが、母親はどうしてもこの女の子が「発達障害」であって欲しいらしい。
その理由は

1「給食の味が濃い」耳栓をして登校、これは感覚過敏のせいだ。
2何度も教育機関に働きかけるが、全く対応してくれない。
3診断を求めてたが思春期は難しいからと断られた。

結果娘は自殺してしまった。






結論から言うと、「発達障害」をあまりに心配する母親に子供が合わせてその症状を示し
その環境の中で、最終的には「鬱病」で自殺した。
と考えるのが自然ではないだろうか。



その理由は、
1.感覚過敏と言っている症例は、あのニセ自閉症ニキリンコが作り出した症状と同じ。
  自閉症の子供が示すエピソードとはかけ離れている。
2.母親がおかしいと感じている事に対し、現場の教師はおかしいと感じていない。
  だから対応しようが無い。
3.小学生の時点で差し迫った事例があったなら、その時点で先ず精神科を受診するべき。
  精神障害を疑いながら、精神科を受診はしたくない。
4.思春期になり、さらに問題が出たら、尚更精神科の受診が必要。
  通常精神科で受診後専門医を薦められるが、それも無く専門医だけに執着。
5.なんらかの精神病が原因としても自殺を実行する時は完全に鬱状態。
  なぜそこまで鬱状態が酷いのに精神科への受診を拒んだのか。






私がこの記事を読むと、矛盾だらけでとても母親が正気とは思えない。そして娘は自殺した





もう一つ。身近に実例がある。

我が家は野中の一軒家。
不便な所なのに借家があり、そこへ子供が5人居る家族が引っ越してきた。




毎日熱心にお題目を唱えている。
それも、家族数人が揃って唱えている。



半年程して中2の次女が自殺してしまった。
学校に通う様子も無かったから、彼女の事を悩んで引っ越してきたのだろうか。



最近はお題目を唱える声が聞こえなくなった。






彼女は医療機関に掛かっていたのだろうか。
今は抗うつ剤も本当に進化して良くなった
もし彼女が抗うつ剤を飲んでいたら死ぬことは無かったと私は考えている。






お題目を唱え頼るのも良いが、それと同時に精神科を頼る勇気があったなら。
精神科を頼るようにアドバイスする人が居たなら。
精神科を利用する知識を教えてくれる人が居たなら、彼女を救えたのではないか。





もう一つの決着を付ける前に、どんな手段を使っても精神科を受診させて貰いたい。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ひきこもり の概念 [研究素材(未分類)]

RIMG0005.JPG

ネットニュースに引きこもり当事者の意見、とあったので少し読んで見たら、
ひきこもりでも何でも無く、ひきこもりの時期があって、現在は派遣で暮らす人の話。




見出しだけは凄いが、中身は何の収穫も無かった。
ただ、ひきこもり時代があった人だから、そこから脱する過程が詳細に書いてあれば
凄い読み物になったのに、肝心な所は一切触れられていない。

取材していて疑問に思わないのかな。





前の記事でも書いたが、対外的な接触が少ない人は沢山いると思う。
それを尤もらしく羅列して定義しても意味が無い




ひきこもりの当事者、家族共に最も恐れているのは、
精神的に健康か否か。
家族とわだかまり無く生活しているか。
と言う事では無いだろうか。





例えば、余所の人間と上手くコミュニケーションが取れなくても、
家へ帰り家族とは仲良く暮らしているなら、
他の家族が外で仕事をしている間、家の仕事をして貰ったりすれば、
それで、家族は成立するし、何の問題も無いだろう。





それから想像すれば簡単に分かるが、現実
家族とすらコミュニケーションが取れない
家族とコミュニケーションが取れない人間がどうやって、赤の他人とコミュニケーションが取れるんだ?




さらに、ひきこもるのには訳がある。
何かひきこもりたい、2,3日ひきこもる事は誰でもあるだろう。
1週間?1ヶ月かもしれない。
しかし、「心が健康」であれば、やがてまた日常の生活に戻る。

その日常の生活に戻る事が出来ずひきこもりが日常になっているなら
「心が健康」である訳が無い




身体が不健康な時、チョットした風邪で熱が出たって病院へ行くのに
心が不健康になった時に、なぜ病院へ行かない。





例えば外科手術を受けた人が、気分が落ち込む時がある。
そんな時は、外科病棟でも抗うつ剤が処方されて元気を出して貰うんだ。




だから、精神科と言う呼び名が怖いんだったら、心療内科へ行けばイイ
心療内科でも恥ずかしいと思うなら、普通に内科へ行って相談すれば良いんだ。




病院によっては、内科でも抗うつ剤を処方してくれるかもしれないし、
受診科を配慮して何か別室でカウンセリングしてくれるかも知れない。




自閉症、自閉症スペクトル、アスペルガー症候群は生まれつきの脳の障害だから、
そのままでも良くも悪くもならないが、
統合失調症や他の精神病の場合、痴呆症と同じで放置しておくとどんどん脳細胞が壊れ
薬の効果も出にくくなる

逆に言えば、早く手当てすればする程、心の健康を取り戻す事が出来ると言う事。




だから「発達障害で生きづらく、感覚過敏で幻聴があります」と言う人達に対して、
投薬の継続、きちんとした医師による診断を呼びかけているんだ。




投薬を受け、障害者年金の受給が可能になれば、それこそ嫌な家族ともオサラバして、
1人でだって生活出来る。まさしく自立への道なんだ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ひきこもりの定義 [研究素材(未分類)]

RIMG0056.JPG

あらためてひきこもりの定義を調べてみた。




「さまざまな要因の結果として、社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6ヶ月以上にわたって概ね家庭に留まっている状態(他者と関わらない形での外出をしている場合も含む)。」
上記は厚労省による定義。





しかし、思い出してみれば、そもそもひきこもりの話題が出始めた頃は、
「部屋へひきこもったまま出てこない」
と言う事が話題になった事から始まった。




だから、「もの知る社会学者」は
「個室があるからひきこもる」
「個室が無かった頃はひきこもりは居なかった」
「核家族がひきこもりを産んだ」
と勝手な事を言っていた。





「もの知る教育者」は
「誰もが通る道です」
「そっとしておけばそのうち出て来ます」
とすべてを見通したような事を宣っていた。





結局、マスコミはその場その場で
「訳知り顔でその場限りの誰もが思い付く事を、あたかも真実であるかの様に言い切る専門家」
が欲しいだけで、誰も問題を解決しようと心配していない。
面白ければいいんだな。





主にテレビのワイドショーでくり返された光景は、
今ネットニュースに変わった。
ネットニュースは、回り回って自分が得になるような記事を、自分が得になるように書き、
自分たちが現世利益になれさえすれば、何を書いても良い事になっている。





自閉症のこども達の事にしても、
8050問題のひきこもりの青年達の事にしても、その家族達の事を含め、

心配しているのでは無く自分の肩書きの数が増えるかどうか、
自分たちの組織の役にどうやって使うか。選挙の投票にどう繋げるか。
目先の名簿集めにどう役立てるかだけ。
誰も心配なんかしていない。





本当に切実に心配している人間の声は掻き消され、無かった事にされる。






ニキリンコ村上由美村上真雄、アスペの館の例を見ても明らかだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

昔話 [研究素材(未分類)]

RIMG0072.JPG

ひきこもりのきっかけは些細な事だった筈だ。
まあ、元々の親子関係の積み重ねがあっての些細な事。それをきっかけに引きこもったんだろう。




例えてみれはこんな感じ?




「もう許せん!今日からストライキだ」
大義を果たすために1人で休憩室へ立てこもりストライキを始めた。

始めて見たら、支援物資は豊富に届けられるし、空調も完備。
最新パソコンも使い放題。もの凄く居心地がイイ。

そうこうしているうちに、担当者は変わり、そのいきさつを知る同僚も居なくなり、
「休憩室に住み付く変なおじさん」になって、誰も興味を持たない。

本人も、初めの大義が何だったか憶えていないし、周りの人も誰も知らない。
ただ申し送りがあるので、組合から支援物資だけは滞り無く差し入れられる。

ある日、外へ出てみたら、おじいさんになっていた。って所か?




なんだ、これって浦島太郎じゃん。大体昔話ってホントに居た人の話なんだよね。
だから昔から、ひきこもりって居たんだよ。

天の岩戸だってひきこもりだもんね。




明治大正になると、「1行も書かない小説家志望の道楽息子」と言う形で、
何度もひきこもりが語られている。




戦後になると、日本はまだ貧しく力尽くで家から放り出されたから、
「仕事が長続きしない落ち着かない人」として人目に付いていた。




日本の少国民が必死で働いて日本が豊かになった頃、
みんなローンで家を建て、子供に夢の個室を与える事が出来たんだ。




では嘗ての少国民が育てた子供が全員ひきこもりになったか。違うんだな。
数人の兄弟が居て、全員がひきこもりになったか。これまた違う。




この事を妻は「親子の相性だよ」の一言で解説するんだ。



つづく・・・






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

親子の相性 [研究素材(未分類)]

RIMG0019.JPG

私は、毎日母親との軋轢で相当非道く壊れた。
高校時代、2年間下宿して接触がほとんど無かったのに、非道く壊れた。
アスペルガー症候群である事も関係するかもしれないが、本当に非道く壊れた。






妻は、父親との軋轢があって壊れた。
母親が私たちよりもより自閉症の特徴が色濃いアスペルガーだった事が救いだったのか、
私ほど非道くは無いが、やはり壊れた。








私が酒鬼薔薇聖斗の事件を耳にした時、「この子はオレだ」と言ったのは、
私が壊れる過程を考えていたからだ。







私も小学4年の時、よく飼っていた犬を虐めた。
犬のこめかみをわしずかみにし、「アイアンクローだ」と言って力一杯絞める。
犬が「キャン」と言うまで絞め続ける。

こういう虐めを何度も何度も、毎日の様にしていた。






アスペルガー症候群の特徴はその先にある。
つまり、マインドブラインドネスと言う、常人では理解出来ない欠陥を持っているから
自分たちに、壊れる程の軋轢をもたらしているモノ。

毎日の、嫌な感情を与えるモノを自覚出来ていないと言う事。






つまり、私で言えば母親。妻で言えば父親だ。
逃げ出す相手が分からないから、逃げ出す手段すら考えない。
だから、それを解消する相手がてんで見当違いである事が特徴的だ。






近所のこどもを殺して、怒りを解消した酒鬼薔薇聖斗
面会で母親に怒りを露わにしたが、その時はもう遅い。





湯河原の女子高生もそうだ。
母親にタリウムを飲ませたが、本当の相手は母親じゃ無い。






豊川で高校生が「老人はいつ死んでもいい存在」と言ったが、
本当はそんな近所のおばさんが本当の相手じゃ無い。





名古屋で女子大生が「人を殺してみたかった」と言っても
本当に殺したいのは、見ず知らずのおばさんじゃ無い。






一方、「アスペルガー障害に罹患した」として減刑された
宇治市の塾講師は、軋轢の相手である小学生を目的通り殺した。
こうやって見ると明らかなのに、アスペルガーに罹患したと診断を下す医者もいる。







親との相性で、事件を起こすアスペルガー症候群が居る。

一方、もともと相性がいい親子だったのに、
「療育」と言う強い働きかけで、
わざわざ相性の悪い親になり、その結果自閉症の子供を壊す親も居る。




壊れたカナー型のこどもは、壊れてやっとその原因を教えてくれる。
「バスの練習したくなかった~!」
「学校、嫌だった~!」








覚悟・・・できていますか?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の5件 | - 研究素材(未分類) ブログトップ