SSブログ
発達障害のウソ ブログトップ
前の5件 | -

育てやすい子供が育てにくく [発達障害のウソ]

Scan0002.jpg

ネットには正規の情報よりも、だれかがどこかで聞きかじったか、学生時代に何となく習った事を
勝手に解釈して拡散された情報がほとんどです。



育てやすい子供が大きくなって育てにくくなる。これが発達障害の子供の特徴です」



これが都市伝説の元になります。

赤ん坊の頃は、おとなしくミルクを飲んでくれたのに、2才になったら嫌々ばかり。
育てやすかった子供が大きくなって育てにくくなったから発達障害かも知れない。→違います



幼稚園に行ってた頃は何でもおかあさんの言う事を聞いてイイ子だったのに、
小学4年になったら、急に言う事を聞かなくなって育てにくくなった。→違います



高校卒業するまであまり手が掛からずイイ子だったのに、
大学行ってひとり暮らしを始めてから勝手な事ばかり言って、親を何だと思ってるんだ。→違います



上記の例は、すべて人間が「ヒト」となる過程で、成長している証しで、発達障害、特に
自閉症とは全く関係ありません



育てやすかった子供が急に育てにくくなった。これを字義通り受け取れば、そうなりますが、
現物の、自閉症の子供を見た人はすぐ分かる事でも、
自閉症を見た事も無い人にとって、理解しろという方が無理



自閉症の文献を読んで、自閉症を演じるニキリンコの自閉症像は、
まさしく自閉症を知らない人誤解したとおりを演じてくれます。

ニキリンコは、高校生までは優等生。しかし大学では授業について行けず8年在籍します。

これは、小さい頃は育てやすい子、大きくなって育てにくくなった、を読んだまま作文してこうなって
しまったのしょう。ただ、辻井先生だけはニキリンコさんの様に幼児期の症状が大人になって改善した
例は全然珍しくないとの事なのですが、それにしては同じ様な人を見た事はないし、
改善と言うより改悪、悪化、進行、退行と表現した方が適切に思えます。



自閉症の子供を表す「育てやすい子」とは、

定型の子供は乳児の時は本来生体的危機を泣くしか無いのに、
自閉症の子供は親に泣いて知らせる事が少ないので手が掛からず

定型の子供は22ヶ月を過ぎる頃には自我(マインド)を得る事で、自己主張が始まりイヤイヤがはじまりますが、
自閉症の子供はマインドブラインドネスなので、イヤイヤが少ない本当に手が掛からない子なのです。



ところが、40ヶ月を過ぎ、言葉をかなり使いだしコミュニケーションを取る事を覚える時期、
コミュニケーションで聞き分けが出来る時期に、
自閉症の子供は言葉の代わりに泣くだけの、
どうにも聞き分けの無い子供に変身してしまうのです。



これが、自閉症、アスペルガー症候群、自閉症スペクトルの示す
小さい頃育てやすかったのに、大きくなって育てにくくなった」と言う意味なのです。



ですから、ほとんどの子供は該当する事は無く、お母さんの思い過ごしと誤解。
しかし、本当にそうだったら。



もし本当にその通りだったら、すぐローナ・ウイングが強く強く言う様に早期診断
それしかありません。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

グレー理論の逸材?ハッペ [発達障害のウソ]

自閉症グレーゾーンの主張をする杉山医師辻井教授

以前二人の誌上座談会で「今後の自閉症理論をけん引する逸材」と
べた褒めしていたのが、このフランチェスカ・ハッペ。

IMGP6237.JPG

「自閉症の心の世界」   星和書店
 フランチェスカ・ハッペ





フランチェスカ・ハッペはこの本の事を
「本来目的としている読者は、私のように自閉症の謎に
 魅了された、心理学やそれと関連する領域の学生や
 大学院生です」
と紹介しています。






ただ、心理学が医学と密接に繋がっている英国と
文学部に併設されている日本とでは状況が異なるようで、
非常に、ロジカルであり、理系の私とも非常に
親和性のある論理構成になっています。







日本でも専門医以外の医者、例えば小児科医であったり
他の科目の医者が、
「自閉症スペクトラムが普通の人に繋がっている」と
明らかな誤解をしている例が見受けられますが、
英国でも研究者として同じ悩みがある様です。

Scan0054.jpg

ハッペは、ここで
自閉症」は正常な連続体の一端位置していない
ハッキリ明示しています。



杉山先生や辻井先生は論文を読んでいたのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

発達障害ごっこの陰で [発達障害のウソ]

RIMG0098.JPG

発達障害になりたがる人が多い(みたい)。
さらに発達障害グレーゾーンで生きづらければ診断も必要無いから尚イイらしい(みたい)。



発達障害と言っても、自閉症から知能障害チックADHD他その症状は千差万別なのに、
彼らはその障害が良いのでは無く「発達障害」で無くてはいけないらしい。



発達障害なら、時にはコミュニケーションに難があり、時にはADHD合併で片付けが出来ず、
時に感覚過敏で困るからいろんなクレームを付けられる。



当事者の集いも多く存在しているみたいで、中には発達障害の診断を受け、障害者手帳2級を貰い
カミングアウトして当事者活動をしている(らしい)。



ここまで来ても、ネットライターや出版社の担当者は分からないらしいが、このブログを覗き込む
自閉症、自閉症スペクトル、アスペルガー症候群等のホンモノを知る人なら、こんな馬鹿げた
「発達障害ごっこ遊び」にすぐ気が付くだろう。



私が嫌な気持ちを持つのは、「発達障害者ごっこ」をしている連中のウソに対してでは無い。



仮にココで発達障害と仮定する。

私も妻もアスペルガー症候群だが、簡単に障害者手帳は貰えない。
私はアスペルガー症候群と鬱病。妻はアスペルガー症候群と強迫性障害。
先ず、初診の証明の為のクリニックへお願いして、診断書及び所見、そして初診日を証明する書類
それらを全て揃え、転院の事実を全て証明。さらに現在の病院の所見と意見書を添付し、
役所の福祉課へ提出。不備がある度に書類は送り返され、訂正印を押して書類の再提出。



そこまでしても、やっと手帳が取れたのは1年後。妻に至っては1年半後にようやく手帳を貰えた。
そのようやく取れた手帳は、「精神障害者手帳 3級」だ。



メリットと言えば、申告すればNHKの受診料を免除して貰えるぐらい。
損得を考えると、2年ごとの手帳の更新とそれに伴う診断書作成に1万円弱。差し引き赤字か?



そんな3級の精神障害者手帳でも、私たち夫婦にとって、「ニセモノ」と言われ続けてきた
私たちを証明するアイデンティティーそのものだから、
途中で何度も何度もくじけそうになり、投げ出したくなっても、私は「妻のため」妻は「私のため」と
本当に歯を食いしばり、必死になってなんとか手帳を貰えるまで書類を揃えきった。



この大変さはやった人しか分からない。



一方、発達障害ごっこの人達は、まるでJRの窓口で定期でも買う様に障害者手帳それも2級を貰う。



そんな訳無い。
彼らの陰には両親が居る。若い頃から病院へ付き添った、恐らく母親が病院の窓口で相談し、
診断書を貰い、役所でも書類を貰い、役所でもアドバイスを受け、病院でもアドバイスを受け、
子供の将来を考え、必死になって貰ったのが精神障害者手帳の2級だろう。



精神障害者手帳2級となれば、すぐ国民年金の精神障害者手当に繋げられる。
両親はまた必死でその手続きも終え、ようやく毎月(2ヶ月に一回振り込み)障害者年金を
貰えているんだろう。



私は、「発達障害者ごっこ」の話をネットで読む度に、
その陰で子供の将来を心配して必死にかけずり回ったであろう親の姿を「想像」している。



そんな、家族の心配を余所に、病識の無い統合失調症の患者を利用している連中に怒るのだ。

許せない




医学分類上
知能障害は F70-F79 知的障害<精神遅滞>
ADHDは  F90-F98 小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(ICD10準拠)

ADHDを情緒障害から発達障害へ知能障害発達障害へ
創価学会が進める言葉狩り選挙運動か。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

感覚過敏のウソ [発達障害のウソ]

RIMG0102.JPG

「私は発達障害で感覚過敏です」



この中のドコにウソが隠されているか分かりますか?分かる人はマスタークラス。

1.発達障害と一言で言うが一体どの様な障害か。
  チック症なのか。
  DSM5で言う知能障害なのか。
  ADHDなのか。
  吃音なのか。
  ホンモノのLDなのか。
  それとも自閉症、自閉症スペクトルなのか。

  大体こう書いている人はその障害の詳細は知らずに書いていて、突っ込まれると
  「私はADHDの合併です」と言うのですが、なかなか自分から自閉症とは怖くて言えない様です。



2.自閉症スペクトルなら。
  自閉症、自閉症スペクトル、或いはアスペルガー症候群と診断されたなら、
  皆さんご存知の、「ココロの理論」の引っ掛けテストにまんまと引っ掛かり、
  「ココロが無い」「マインドが分からない」「マインドブラインドネスである」と
  判定されている訳ですから、


  「私は感覚過敏です」と言う主張をするには、
  自分自身の「マインド」感じ方を知り
  他の人の感じ方、状態を「想像」し、
  自分自身のマインドの量と他人が感じるであろう比較検討した結果、

  「私は感覚過敏です」 と初めて主張出来るのです。



  「マインドブラインドネス」で自分の「マインド」が分からない自閉症なら、
  上記の論理構成が矛盾だらけである事が分かります。



3.自閉症スペクトルなら。
  アスペルガーの子供は(私たち夫婦も含め)感想文が書けない。と言う特徴があります。
  これは、上記の「マインドブラインドネス」という特徴でもありますが、もう一つ。

  概念化が出来ない。と言う特徴があるからです。

  「感覚過敏」は概念です。

  「自閉症の子供が日差しを嫌って自分でカーテンを引く」これは事実文です。
  「彼は感覚過敏があるのでしょう」これはその行動を概念化した文章です。

  この辺の表現を明確に表したい所ですが、残念ながら私自身が概念を理解していないので
  未だに上手く表現出来ません。



  ここでアスペルガー症候群の成人の日常生活から「感覚過敏」に関する事を示すエピソードを
  書くとすれば、

  「なんか背中のタグが気になっちゃって、ハサミで切ったら余計切り口がえりに刺さって、
   気に入ってたけどあのシャツ捨てちゃった」とか、

  「なんだかズーッとあそこのドラッグストア嫌な感じだったんだけど、音量が大きいからかなぁ」
   とか、

  「あそこのソバ屋行くの止めよう。だってカビ臭いんだもん」とか言う事で、

  「私は感覚過敏なのでイヤーパットをして防止しています」なーんて言う人は別の疾患
  疑った方が良いのです。



  大体感覚過敏だったら、イヤーパッドをしていたり耳栓を耳に入れ続ける事の方が大変です。




  不思議な事に正常な人は、それらしいウソの方が気持ちが良いらしいのです。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

発達障害グレーゾーンのうそ [発達障害のウソ]

RIMG0106.JPG

「生きづらい私は発達障害グレーゾーンでした」



この中のうそを見抜ける人もやはりマスタークラス。

ではドコに嘘が潜んでいるのでしょう。

先ず「発達障害グレーゾーン」とはどの様な障害、どの様な状態でしょうか。
発達障害の該当者が一番多くなるDSM5の分類で考えてみましょう。



1.チック症、トゥレット症
  チックは、症状が出る、或いは出たか、出ないか。で判断する事は分かるでしょう。
  チックが出る様な出ない様なグレーゾーンである。と言うのは考えにくい事です。



2.吃音(コミュニケーション障害)
  吃音も、あるか無いかの判断ですから、グレーゾーンはありません。
  ここでコミュニケーション障害と出て来ますが、吃音の様にコミュニケーションツールとしての
  言語に於いて障害がある事を示す障害ですから、ほとんどの人が
  「コミュニケーション能力に問題がある」事と、医学上の
  「コミュニケーション障害」の意味を間違って使っている事も良く分かります。



3.限局性学習症/限局性学習障害(LD)
  これも、知能に比べ病的に字が読めない。字が書けない。足し算引き算が出来ない。と
  病的に出来ない事を表しますから、グレーゾーンとは言わないでしょう。



4.注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害
  これは、幼児の場合には皆活動的ですが、成長に伴い徐々に活動は収まってきます。
  小学4年生、第一次反抗期の頃この障害が目立ってきます。
  どのクラスにも、「落ち着きの無い子。騒々しい子」が2~3人は居たでしょう。
  そうです。彼らこそがそのADHDです。ハイパーとも言います。

  成績表には毎回「落ち着きなありません」と書かれ、中学高校とそのまま成長し、
  必ず何かしらの武勇伝を残しているでしょう。

  このくらい分かり易いので、これもグレーゾーンとはなりにくい。



5.自閉症、自閉症スペクトル
  では、このブログで扱う自閉症はどうでしょう。詳細は後日書きますが、一番分かり易い
  判定法は、18ヶ月の幼児は、他の動物と同じでカガミで自分の姿を見ても自分だと分かりません。
  ところが、22ヶ月を過ぎた子供は、カガミに写る姿を自分だと認知出来るのです。
  この時期に、「マインド」「自我」を獲得すると考えられ、医学判定に使われます。

  この18ヶ月以前の「マインド」を持てない人間の事を自閉症と言います。
  だから、「マインド」の点では私たち夫婦も知能が高くても動物と同じレベルにあるのです。

  さらに、自閉症は「生きづらさ」と言う概念を理解出来ませんから、生きづらいという人達は
  自閉症やそのグレーゾーンでは無い事が分かります。



6.知的能力障害群
  残るは、知能障害の人達です。この人達の何がグレーゾーンになるかと言うと、愛の手帳を
  貰えるか貰えないかの判定が「グレーゾーン」と言われる状態になります。
  その基準は、複合的なモノで簡単に判別できませんが、知能指数が75以下であるようです。

  確かに、知能指数78で愛の手帳が貰えない人は居るでしょう。
  さらに、一般企業に入社するのも難しそうです。アルバイトにしても、嫌な思いをするかも
  しれません。確かに考える迄も無く「生きづらい」のでしょう。




私は、「発達障害グレーゾーンで生きづらい」の嘘を検証しましたが、こうやって具体的に見ると
その表現の仕方は、ほとんどが嘘、間違った使い方、敢えて誤解を呼ぼうとする書き方ですが、
現在病院へ行き、検査を受け経過観察の途中で「強いて言えばグレーゾーン」の人を除けば、
「発達障害グレーゾーンで生きづらい」人が間違い無く存在する事が分かりました。  




「発達障害グレーゾーン」とは愛の手帳を貰えるかどうかの
瀬戸際に居る知能障害の人達の事だったのです。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 発達障害のウソ ブログトップ