SSブログ

お読み下さるみなさまへ

元々は、都通研で行い好評を博したアクティヴィティでした。

例のスラップ訴訟によって中断を余儀なくされていたものを、ここに復活(復刻)します。
前の6件 | -

「つきまとう影」 あとがき [2004年 都通研 講演会]

Scan0060.jpg
2022年8月17日更新

妻が書いた「つきまとう影」を最後まで読んで頂き有り難う御座いました。


私が書くモノは、「飛びすぎて解らない」と言われる様に、過剰な省略が特徴です。
コミュニケーションの障害はこんな所にも否応なく出てしまうので、
なるべく面倒くさがらず、省略せずにしつこくしつこく説明しようとしていますが、
意図した様に伝わらないと初めから諦めている所もあります。

だからこそ、ブログ上でも何度も何度も同じ事を、何とか正常な人にも分かる様に、
形を変え、書き方を変え伝えようと書き続ける事になります。



妻は私とは全く別で、文章は推敲に推敲を重ね、伝えたい事に伝えたい事を重ね、
結局、一部の隙も無い程詰め込んでしまうので、結局「大変解りにくい難解な文章」になります。



今回、何度も何度もブログ削除の憂き目に遭ってきた文章を、再度復活させるにあたり、
もう一度妻の文章を見直しながら、少しでも理解し易い様にレイアウトに余裕を持たせ、
さらに、私自身も妻の文章の内容をかみ砕きながら、考え、読み込みました。



ハイパーレキシアの私は、文章を素早く読み込み解った様な気になってしまうのが欠点です。



再度時間を掛け、じっくり「つきまとう影」を読み、すでに2004年には自閉症の事を
こんなに解っていたんだと、本当に驚きました。



何故なら、その後も毎日の様に自閉症の事を話し合い、考え続けて、最近ようやく導き出した
と思っていた事柄も、すでにこの時期に「分かっていた」事を改めて認識出来たからです。


しかし、2004年にはもう「分かっていた」としても、本当に「解っていた」かどうかは疑わしく、
じゃあどうなったら「判った」事になるんだ?とまた別の疑問が湧いてきます。


つまり、結局私は自閉症の事が「分かった」のが「解った」が本当に「判った」のでしょうか。



誰か教えて下さい。そうすれば、ブログも書く事も無く楽になれるでしょう。(ホンマカイナ)

動画もみてね

nice!(0)  コメント(0) 

都通研第2回研修会 美代子冊子「つきまとう影」 [2004年 都通研 講演会]

47.jpg

2004年 7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演冊子1
                                  
この話は、都通研口演会で配布した内容です。ブログでも公開したのですが、何故か再三の
ブログ強制削除の対象になった文章です。改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症つまり
アスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く解説する事に
します。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都通研にて講演を依頼されたときに、簡単な冊子を用意出来るということだったので
この原稿を用意しました。
私の講演は自閉症を科学的側面から切り込んだものですが、この冊子の内容は、コンピューターで
言うと「ソフトウエア」の側面から切り込んだものです。

どちらも「SAM」あるいは「自己意識」という同一のものについて語ったものですが、
両側面から見つめることで、よりその輪郭がはっきりするはずです。( 徹 )



「つきまとう影」    美代子 専業主婦 48才



nice!(0)  コメント(0) 

都通研第2回研修会 講演 山岸徹 [2004年 都通研 講演会]

47.jpg

2004年7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演 口演録1
                                    2010/08/12訂正
この話は、都通研口演会で話した事です。ブログでも公開したのですが、
再三のブログ強制削除の対象になった文章です。
この文章はスラップ訴訟の訴因にも取り上げられた文章ですが、改めて読んで見ると、
私達のレベルの自閉症つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているので
調停内容に従い内容を訂正し、さらに分かり易く解説する事にします。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さんこんにちわ。

私は****でアスペルガー症候群と診断を受けた大人です。
精密機械工学を専攻し職業は機械の設計をしている47才です。(注釈:2004年当時)

こちらは、私の妻でコレも又アスペルガー症候群の診断を受けています。



同じアスペルガー症候群でもウイングが自閉症スペクトラムと言ったように、
二人として同じ人はいません

彼女は、話すことはうまくまとめられませんが、文章にすれば何とか自身の内面を見つめられる
タイプなので、幹事さんにお願いして、冊子に文章にて記すことにしました。

一方私はこの人よりも話すことが得意なので、口演を担当します。




nice!(1)  コメント(0) 

解説 徹口演6 [2002年自閉症カンファレンス講演会]

自閉症カンファレンス2002 徹口演6

この話は、カンファレンスでわたしが口演会で話した事です。ブログでも公開したのですが、
再三のブログ強制削除の対象になった文章です。
なぜこの文章を葬りさろうとしたのか今以て謎ですが、改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症
つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く
解説する事にします。

続き

さすが高機能自閉症の世界はすんごいものがあるんでしょうかね。まあ、きっと日本の天才がほとんど
そこに集まってるんでしょうね。私は聞いたことありませんけど。
おばかな話はこれぐらいにして、

私は子供の頃の記憶異常に鮮明で、他の人もそうだと思ってました。
しかし、私の姉を含め誰も幼児の頃の記憶が非常に薄いんですよね。
その記憶を言うと親を始め「口から出任せ言ってる」って決めつけるので、
やたらめったらには言いませんけど。
私は、小中高と全国8校を転校してまして、異なる同年齢の子供2000人
机を並べた勘定になるんです。
1個所で育つと、小中とほぼ同じ面子(メンツ)と過ごすわけですから、それと比べただけでも、
いかに多くの同世代と接触があったことは容易に分かると思います。
そんな特殊な環境にあったので、まあいろんな子供がいましたが、私と同じように、幼児の頃からの
記憶が強い子供とは出会ったことが無いんです。
ところが、この人(妻)は私と同じように良く憶えてるんです。それでも、私より少ないですけどね。
仕事上のグチも何故か子供の頃にあった同じような体験を当てはめて考えるんです。
わたしもそうですから、話自体よく合いました。思考の構造も人間の見方も似てましたね。
そんな時でも、他の人がおかしいと思ってましたね。ともかく、こんな風にして2人は出会いました。

注記:
   この後、知能の高い社会生活を何とか送っていた自閉症(アスペルガー症候群)に合いました
   が、やはり幼児の頃からの記憶は鮮明且つ克明で、エピソードに対して、エピソードで返すと
   言う思考方法も全く同じでした。つまり概念化が出来ないという障害がどれ程大きく、
   変えようのない障害であると言う事が分かります。



転校やこんな体験から、特殊学級にいたであろう仲間をも想定すると、
自閉症に属する人間の発生率600人に1人ぐらいが妥当かなと、勝手にあたりをつけています。
ただこれは私の世代についてですから、世代間格差もあると思います。
(注釈:ウタフリスの英国に於ける疫学調査の数字)

注記:
   自閉症の発生率はどんどん上がり東洋経済では10人に1人。中には6人に1人なんて数字も。
   医学上明確に認められる障害なのに、医学を無視した数字が何故一人歩きするのでしょうか。
   創価学会が政権与党に参加してから、各種の支援施設の補助金が作られ施設が開設されました。
   膨大な受け入れ先が出来たら、今度は該当者を増やすのみ。親の不安を煽り、医学とは別の
   数字がどんどん出来ました。それから15年。

   創価学会のメンツも立てたと言う事か、今度は補助金の見直し。今迄補助金頼りで運営していた
   施設は次々閉鎖。
   支援施設を頼りにしていた障害者は放り出されました。
   施設の運営者は?10年は稼いだので閉鎖も潮時でしょうか。



視覚優位」と言う言葉もよく使われます。
これも簡単に、ハイそうですかと聞ける話ではありません。
何故なら、私と彼女ではその意味するところが真反対だからです。
私は、記憶は画像で憶えてしまう方で、人の顔も警察犬並にすぐ覚えます。
だから、子供の頃「知ってる人に会ったら挨拶しなさい」といわれても、
どこもかしこも知ってる人だらけで本当に困りました。
目も良かったので、こーんなアリンコぐらいの大きさの時から誰か分かるんですよ。
500mぐらい向こうから来る人が分かってることを想像してみて下さい。
いつ挨拶しようか、いつ挨拶しようか、いつ挨拶しようか。そればっかりで、挙動不審です。
そしていよいよ相手がこっちに気がつきます。しかし、未だ普通に挨拶するには遠い距離だ。
未だまずい。どうしよう、どうしよう。どう考えても挙動不審だと思います。
そうしているうちに、すれ違う訳ですけども、それまでさんざん悩んで、どぎまぎしていますから、
その頃には、もう挨拶するような気持ちでは無いわけです。
それで、隠れるように、挨拶も出来ずにすれ違います。私はどう思われてたでしょうかね。

注記:老眼
   42才だったでしょうか。強烈な鬱になりどうでもよくなっていた頃、診断を受け抗うつ剤を
   投与されました。自閉症は脳機能薬が少量で良く効く、ということですぐ効きました。
   その代わり、その時点で老眼になりました。
   老眼になると言う事は、ピントが合いにくいと言う事で、それまで8K画像だったのが、
   ハイビジョン画質に下がる様なモノです。
   抗うつ剤の服用期間が長くなるに比例して、画質はどんどん下がり、今では昔のテレビです。

   目だけでは無いのでしょう。抗うつ剤の素晴らしい効用と引き替えに、私の異常な、唯一の利点
   であった画像記憶の能力もどんどん下がり、今では普通の人より少し顔を覚えるのが得意、程度
   になってしまいました。

   だから、今迄は「あれっ?」と思うと百発百中だったのが、「あれっ?」と思っても
   「ああ、見間違いか」と言う事が増えてきました。



機械の図面も見ただけで頭の中で立体になります。
実は、工学部に来る連中はみんな同じだと思ってたんですが、違いました
大学を卒業し、設計部門に居る人間はそうだろうと思ってましたが、違いました
正確には、すぐ図面を読める人に出会ったことが無いのですが、設計部長なーんて人でも、
どうやら図面が頭の中で立体になっていないらしいと言うことが、半信半疑なんです。
やたら図面を読むのが得意だと実は良くないんです。
あまりに、複雑な図面を書くと、逆に難しすぎて理解しにくい図面を書いちゃうんですよね。
やっと最近になって、人が理解出来る図面を書けるようになってきたと思います。

注記:図面
   この口演の頃は45才ぐらい。確かに図面はこなれてきていますが、本質に気付いたのは最近。
   図面と言うのは、紙に書いた絵を介してモノを作る人とのコミュニケーションツールなのです。
   だから、どんなに正確にJIS準拠の製図を書いたとしても、意図が通じなければ相手に無意味。
   その意味で、私の図面は正確かもしれませんが良い図面では無く、なかなか意図が相手に
   伝わらず電話での問い合わせがよくありました。

   図面は正確に書けていても、コミュニケーションは出来ていなかった様です。



仕事をしていると、そのプロジェクトごとに資料をファイルします。ところが、一度バインダーに
入れてしまうと、何となくその仕事を再開しようという気が起きないんですよ。
これは本当に不思議だったんですね。
ところが、ある日透明なバインダーにしたら、仕事の移行がスムースなんですね。
書類の分類箱も透明にしたら、良いんですよ。不思議ですね。
これは、私のティーチプログラムですね。

注記:やる仕事
   やらなければいけない仕事は、目に触れていなければなかなか出来ません。透明なバインダーは
   百均で売っていたのを安いからと買ったのですが、これは馴染みました。
   それ迄は、目に触れていなければやらないので、部屋中資料だらけ、それもよく見える様に
   平置きなので、テーブルはどんどん巨大化。床までゴチャゴチャでした。



話がそれましたが、妻は人の顔を覚えるのが苦手です。
特に、芸能人は化粧も変わるし、髪型も変わるし、特に最近の若いタレントは、個性が弱いので、
お手上げです。
しかし、その記憶が薄い分、人の機微をで聞き分ける能力があります。
私は、声では判断が付きませんが、顔の細かい表情の動きでそれを見分けています。
ほとんど、視覚に頼っていないような生活をしていながら、部屋の中に気に入らない物があると
捨てなければ気が済みません。
押入に隠しても、毎日のように押入を開けては捨てよう捨てようと言います。
どうやら、目にやきついてしまうようなのです。
このように、参考書籍から抜き出した「用語」上は同じ視覚優位でも、
それぞれの子供によって、内容は異なると言うことを肝に銘じておいて下さい。

注記:突然の終わり
   何度もブログ削除に合っているドサクサで、この原稿の最終データも見つかりません。
   このデータは最終の手前の保存データで最後の挨拶等は抜けています。ご容赦下さい。 終わり

hallow.jpg


クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 

解説 徹口演5 [2002年自閉症カンファレンス講演会]

自閉症カンファレンス2002 徹口演5

この話は、カンファレンスでわたしが口演会で話した事です。ブログでも公開したのですが、
再三のブログ強制削除の対象になった文章です。
なぜこの文章を葬りさろうとしたのか今以て謎ですが、改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症
つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く
解説する事にします。

続き

実は、私達も今になって、幼稚園の先生が言っていた意味を今になって考えたり、
小学校で言われた意味が分かることがあるんです。まあ、ながーい目でのんびりやって下さい。

話は変わり、私達2人の内部というか思考について具体的に話したいと思います。
今ここで、私達と言いましたが、同じ障害を診断された2人でも、SAMの欠陥という本質は同じだ
としても、出てくる現象や、感じ方、などは自閉症スペクトラムのあっちのはしとこっちのはしです。
お互い、お互いの表面に出たエピソードを観察、分析しながら、
「ああ、この人は本当に障害が重いなあ」と考え、実際に口にも出します。
その時は、お互いに「ああ、そう」と返事をしながら、「やっぱり重いなあ」と思っています。
だから、どっちが重い論争は、絶対決着しないし、無意味な論争でもあることを示しています。
この私達でも、簡単に一致する所を見つけることは大変難しい作業です。
にもかかわらず、安易に「私達自閉者は・」とか、「私達の心は・・」とか、「私達の気持ちは・・」
なんて、ヒトくくりするのは、人の気持ちを手に取るほど読みとることの出来る、
一般的に「自閉症ではない」と言われる人による、ガセネタだと考えたほうが良いでしょう。
商売の為なら何でも出来る人って居るんですよね。

注記:またニキリンコ
   ここでいとも簡単に「私たち」とか「私たちの気持ち」と代弁出来るのがニキリンコです。
   当時はまだ私自身明確に解説する術を持たなかったのですが、自分の気持ちを簡単に表現できる
   ことこそ。「マインドブラインドネス」自分の心自分の気持ちがモニター出来ない事に矛盾して
   います。
   この「ニキリンコ」による書籍は「人とチョット違う私」の心を鷲づかみし、共感を呼び
   大量の「ニキリンコ型自閉症」が発生しました。本も売れたみたいね。大体自閉症じゃ無いし。
   
   カウンセラーや病院へ行った時、ニキリンコ著の本を探してみて下さい。
   待合室で見つける事が出来たら、そこは要注意の場所です。



身体は大きくなっても内部というか、本質は子供のときのまんまです。
逆に言えば、今のまんま子供だったので、いくら身体が小さくともこの内容です。
だから子供の時に大人びた言葉遣いをしたというよりも、やっと見かけのほうが言葉遣いに追いついて
きたと言う感じですね。
生活する上の発見も、小学校4年ぐらいまでは発見が多く、いろいろ憶えたなあって感じですが、
その後は知識が増えただけで、人間的に成長したなんて言う感じは全くありません。
だから、よく中学生ぐらいの子供が「もっと人間的に成長したいと思います」なーんて言うのを
聞くと、「アホか。内面が成長なんかするか。俺なんか未だに小学4年だ」と心の中で毒づくのです。
以前上司に「私は、小学校4年の時と頭の中は同じで、ずーっと繋がってて、昨日が小学校4年生って
感じでいるんですよ」って言ったら真から軽蔑のまなざしで見つめられました。

注記:
   小学4年生のまんま繋がって全く「内面」は成長していない感覚は、62才になった今でも
   変わりません。ただ、私を救ってくれた抗うつ剤は、同時に「忘れさせる」薬でもあるので、
   生活の質は上がりましたが、子供の頃との記憶の繋がり、記憶の鮮度がだいぶうすまって来た
   感じがします。多少さみしい感じがします。



まあ、要するにバカなんですね。
バカと言えばサバンの事をりこうバカって言いますね。(注釈:天才白痴)
これもうわさ話の代表的な話ですが、NASAに行けばアスペルガー症候群がごろごろ居るって話。
NASAの草創期の四五十年前の話ならいざ知らず、私はこの話も眉唾と考えています。
なぜなら、私も機械の納品で日本のNASAつまり、筑波にあるNASUDAに何度か通いましたが、
linr1.jpg
そこにいる人たちは、本当の正真正銘のお利口さんしか居ませんでしたね。糸川先生は別ですよ。
あの人は本物の天才ですから。

注記:リニアアクセラレーター
   日本で初めての宇宙飛行士を選抜する時に、宇宙酔いに耐えられるか調べる機械を作りました。
   その一つがリニアアクセラレーターで、前後に5m動くイスです。
   偶然その機械の設計をしました。当時はまだCADが無く手書きの汚いへたくそな図面です。
   図面も書くのは大好きなのですが、字がヘタで字を書き入れると台無しになるので苦痛でした。



皆発育良く、ヒステリーを起こすような素振りもなく、学生時代はさぞや教師に好かれただろうと
言う人たちだけでした。まあ、そこにバカの私が入るわけですから、合わせて、利口バカと言うことに
なりますが。
噂話とはそのように裏付けの無い、つまりガセネタと考えたほうが良いでしょうね。
サバンと言えば、森口奈緒美の最近出た平行線と言う本のあとがきにありましたが、森口の周りには、
いろんなサバンが集まっているそうで、そのサバン同志を紹介し、それから何やらすばらしい仕事を
達成しているそうです。
やっぱり、目の寄るところ珠の寄るで、私などはこの人生でサバンなるものなど、一度として会った
ことも見たこともなくて、良くてただのお利口か、ただのバカだけですね。
さすが高機能自閉症の世界はすんごいものがあるんでしょうかね。まあ、きっと日本の天才がほとんど
そこに集まってるんでしょうね。私は聞いたことありませんけど。

注記:
   森口奈緒美のあとがきにサバンの記述があったと口演で話した事などすっかり忘れていた。
   ただ、同じ集まりは何度か開催されていたみたいで、やはり出席した当事者から、
   「みんな凄いんだ。私は・・のサバンです。私は・・・のサバンですって自己紹介するんだ」
   と、教えて貰いましたが、前にも言った様にサバンと言うのは「天才白痴」の事。
   世界で14例か何か認められているサバン症候群は自己紹介すら出来ない人達。
   そこで自己紹介している人達は、例えば「電車に乗って目的地へ行ける」とか、
   「自己紹介出来る」とかのサバンでしょうか。不思議な集まりがアスペルガーの館を中心に
   ある様です。

   上記を冷静に分析するとまさしく「ごっこ遊び」。見せかけのごっこ遊びなら私たち夫婦でも
   出来ますが、「私はサバンです。お茶でもどうぞ、・・なあーんて言っちゃったりして」と、
   オチ無くしてとても平静で居られません。それが「嘘」である事を知っているし、その状態で
   つまり「サバンである私」を維持し続けられないのです。
   これは、自閉症、カナー型からアスペルガー症候群にまで連なる自閉症スペクトルの、
   何か非常に大きなヒントになると思います。

つづく・・・

クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(1)  コメント(0) 

解説 徹口演4 [2002年自閉症カンファレンス講演会]

自閉症カンファレンス2002 徹口演4
この話は、カンファレンスでわたしが口演会で話した事です。ブログでも公開したのですが、
再三のブログ強制削除の対象になった文章です。
なぜこの文章を葬りさろうとしたのか今以て謎ですが、改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症
つまりアスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く
解説する事にします。

続き

そうやって、同じ土俵で人間を見ることが出来ない、そんな表現しか出来ない人を私は
本当に悲しい人だなあと思うのと同時に、一己の人間として平等に観察していないのだから、
偏見と哀れみだらけで、まともな観察データは作れないと考えています。

そんなに、自閉症の世界がすばらしいなら、ロボトミー手術を受けて、疑似自閉症になったら
いいんですよ。
高い鼻がすばらしいと言う人は、鼻を高く整形するでしょう?

注記:杉山登志朗医師
   自閉症の素晴らしい世界を言い続けていたのが、杉山医師です。
   この先生は「敢えて成年は診断しない」としながらも、ニキリンコを自閉症の代表者と言い、
   ニキリンコの話を「これを自閉症ファンタジー」と言う人です。
   大江健三郎氏のご子息大江光氏の事も診察もせずに「自閉症」と明言。しかし彼は誕生時に
   頭蓋破裂による知能障害とされている。
   ついでに、私の事も「文章を見ただけで分かる偽アスペ」と診断してくれた。



実験が成功すれば、脳のどこの部位の欠損で自閉症になるのか。普通人と自閉症の両方を経験した事
で、どんな違いがあるのか凄いレポートが書けるじゃないですか
でも実際にはしないでしょう。本当はすばらしいなんて思ってないから。
まあ、それでも末期ガンがきれいに治ると言う本を出版する医学博士も居るわけですから、
時間が解決してくれる問題なのでしょうか。

注記:消える自閉症デー
   当時はこの動きがこんなに大掛かりとは知らなかったから、時間が解決してくれると考えたが、
   大きな間違い。
   この動きはさらに「創価学会発文科省型発達障害」として子供のほとんどが発達障害になる様に
   形を変え、自閉症が知られる事になるどころか、せっかく国連で決まった世界自閉症デーが、
   日本では発達障害啓発週間すり替えられ「発達障害」中心デーになってしまった。

   国連ではこう言っているのです。
   世界自閉症啓発デーは、自閉症の人たちの人権のために立ち上がり、
   自閉症の人たちへの差別に対して訴えていく日となっています。
   世界自閉症啓発デーには、すべての自閉症の人たちの
   完全参加を促進し、
   彼らの権利と基本的自由を行使するために必要な支援を確実に
   行うという我々のコミットメントを改めて確認します。

   これが国連で定義された世界自閉症デーなのです。発達障害の啓発を訴える日ではありません。
   「乳がんに理解を」の日を「ガン撲滅週間」にしましょうと言いますか?
   意味が無くなる事は誰でもわかるでしょ?強い意図を感じませんか?
   私に、私たち自閉症に人権が無いのも良く分かります。

   さらにここで再度マスコミの言う発達障害と言う言い方のデタラメな概念を。

   日本には発達障害を示す指標が3つ。先ずDSM-5。これは「病名・用語翻訳ガイドライン」。
   発達障害はダウン症チック症知能障害ADHD自閉症等含む、生まれつきの障害と言う概念。

   次にICD-10。これは「疾病及の国際統計分類」医療現場で使われている指標。
   もちろんダウン症、チック症、統合失調症、知能障害、ADHDは発達障害には含まれず
   別の障害。

   そして最後は「創価学会発文科省型発達障害」マスコミ官公庁政府で使われている表現
   ほとんどこれ。ダウン症はダウン症。しかし、ちえおくれは発達障害。ADHDは勿論発達障害。
   統合失調症は多分発達障害。ひきこもりも発達障害。人付き合いが苦手だと発達障害。
   勉強が出来ないのは発達障害。運動がにがてなのも発達障害。
   子供はほとんどこれに当たるから不安になった親はカウンセラーに駆け込む。
Scan0069-2.jpg



話ついでに、ホーキング青山の「笑え五体不満足」を読んでみて下さい。面白い本ですよ。
ホーキング青山は四肢欠損ですが、考えてみれば、私達にしても、ホーキング青山にしても、
生まれつきなのですから、もし、自分がまともだったらどんな感じなのか、なんて分からないのです。

注記:
   ホーキング青山は毎日お題目を唱えるし創価学会を信心している事も隠さない。
   宗教とはそうあるモノだ。沖縄の創価学会の人も知事選挙では宗教者として行動したんだね。

   しかしそんな人達は創価学会の中では本当に少なく、大多数は創価学会本部の教えの通り動く。
   つまり、活動の為に創価学会が母胎である事を隠す。信者である事を隠す。隠す事を薦める。
   NPOが創価学会の支援で成り立っていても隠す。その為にはウソをついても全く構わない。
   この行動はISと同じ。だからフランスでは明確に創価学会の事をカルト宗教と定義している。



カナー型の自閉症の子供にしたって同じです。頭に来て机をバンバン叩いたり、大きな声で泣いたり
することはあっても、彼らが、不幸せとは限らないでしょう?始めから可哀想と決めつけないで
下さい。
「私は、学校行くだけでも、みんなに比べつらいけど頑張ってます」なんて話はガセです。
だって、みんなが楽で自分だけつらいなんて分かんないんだもん。
こんなにつらいのに、みんなよく楽しそうにしてるな。おべっかうまいなあ。くらいは、思ってる
かもしれないけどね。
強いて言えば、自閉症は手間が掛かるから、周りの親兄弟が物理的に大変ですね。
その親の負担を軽くし、気持ちの余裕を持つことができるのは、療育関係者抜きには
考えられませんね。
療育関係の皆さんが、「このクソガキ!」と思ったときは、一歩退き、親の物理的補助をしていると
考えてみて下さい。

注記:親の精神的な健康こそが重要
   私は、自閉症関係者に会う事があれば必ず「親のケア」を訴える。子供に抗うつ剤を投与する
   前に、親に「気持ちが楽になる薬です」と抗うつ剤を処方して下さいと頼んでいる。
   最近すっかりそんな機会は無いけど。
   『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』(中央公論新社)という本が出た。
   自閉症なのに発達障害と題名に付けるセンスの無さにムカムカ来るが、親がケアを受けて
   初めて子供を受け入れられたと言う本らしい

   最近、栗原類が自閉症スペクトルと言う事が知られてきたが、彼が幸運だったのは
   日本の「療育」から隔離された米国で診断され、日本の妙な情報に母親が毒されなかった事。
   それに尽きる。
   あれ程教育効果を謳った「療育」がはびこって17年。本当に効果があるなら、栗原類を凌駕する
   天才児が今頃は天才青年。大量に発生して活躍している筈。

   それが、探しに探して、みんなが認めるのが米国で育った栗原類

   そんな事にも気付かないのだろうか。シスタービクトリーネの愛。ゲラン夫人の愛。
   そして栗原類の母親の愛が自閉症児をすこやかに育て上げるのだ。



「クソガキ」はクソガキなりに考えていますから、30年後に突然先生の言ってたことが分かったり
するんです。
実は、私達も今になって、幼稚園の先生が言っていた意味を今になって考えたり、
小学校で言われた意味が分かることがあるんです。まあ、ながーい目でのんびりやって下さい。

つづく・・・

夕焼け2.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
前の6件 | -