So-net無料ブログ作成

指さし [見る]

th (3).jpg

普通の「ヒト」のこどもは、こんな小さなこどもでも指さしをして、
何かを伝えようとします。




この事は、「考える」という脳内のプロセス抜きで、
無意識に「出来る」作業であることを証明しています。

つまり、「頭を使い考える」というエネルギーを使わず
コストが掛からない楽な作業とも言えます。



一方、
自閉症児が指さしをしない事も知られる様になりました。
指さしをしないと言う事は、「指さし出来ない」と
言う事なのです。




しかし、私は指さしします。どう言う事でしょうか。
kodo21.jpg
私が指差しを強烈に意識したのは、丁度この頃4才と5ヶ月の頃。




北海道の小樽から横浜に転居した頃、周りは珍しいモノばかり。
二人の姉があちこち指差しながら、あれナニ?あれ面白い!
と指さしして話し合うのに反応したのだと思います。



◎「どこどこどこ」
「トールくんどうせ分からないから」
◎「でもどこどこ」



何度も何度も聞く相手を変えて、指差す方向を確かめました。




その時、その「指さしの仕方」を理論的にマスターしたのです。
それは、両目の延長線上にモノがある。
両目だからモノと目と三角形で結ばれている。



さらに、指の向きとその三角形の交点にモノがある。



指差した時には、相手が見当を付けたモノより上にある時は、
腕を少し上に修正する。
右にある時は腕を少し右に修正する。



あとは、相手とのやり取りで、腕と指先を微妙に動かせば
相手の目線を、知らせたいモノに誘導できる。



こうやって、無意識に三角法の原理を会得して指差しを憶えました。
Scan0043-2.jpg



指さしを理解するに至った期間は、1ヶ月位だった様な気もしますし、
1年だったのかもしれません。
それは分かりませんが、指さしは出来る様になっていました。



つづく・・・





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。