So-net無料ブログ作成

片岡聡さんの聞くのまとめ [聞く]

RIMG0013.JPG

片岡聡さんのスライド29、30を見ると
自分ではどうしようも無い生体的悩みを持っている事が良く分かる



その片岡聡さんが持つ悩みを、この講演の内容に絡めて、
その原因を安易に自閉症に求めて結論付けているが
厳密に検証すると、前に述べた様に自閉症を原因とするモノでは無い



ただ、片岡聡さんが持つ先天的な悩みが相当大きいのは良く分かる。



私も妻も知能が高い自閉症であるし、自閉症を起因としない
脳機能の障害と思われるモノが多くある



以前、専門医に「自閉症の小奇形」について聞いたところ、
「小奇形は多いのよ」と一言で済まされてしまったが、
見て分かる小奇形だけでは無く、脳内の小奇形及び
脳の機能障害は、ほとんどの自閉症が持っているのでは無いか



自閉症に生まれ、東大に行く知能を持ちながら、
自閉症以外の「感覚の敏感性」に悩まされ続けた片岡聡さん



後に解説するが、
最近「アスペルガー症候群」とカミングアウトした
あるオリンピアンの事を考えると、



尚更、「自閉症が自閉症であるとする三つ組の障害」
自閉症が悩まされている、その他の付属した障害との



明確な区分、区分け、明確化の必要性について思いを馳せるのだ


つづく・・・


nice!(0)  コメント(0) 

片岡聡さんの見ると聞くのまとめ [聞く]

RIMG01.JPGRIMG0013.JPG

これからの記述は片岡聡さんへの批判では無い。
私が妻を観察して漸く自分の事が分かる様に、やはりホンモノの自閉症である片岡聡さんの
この一連のスライドを見て、自分自身の特性として見えて来た事を書き並べてみる。






1.なぜ自身の事をASD者と記するのか。
  片岡聡さんはDISCOでもADOSでも「自閉症」と診断された。
  「自閉症」とは世界自閉症啓発デーでも自閉症とされる様に広く認知された言葉だ。
  片岡聡さんは日本「自閉症」協会役員でもある。
  その当事者である片岡聡さんがなぜ言葉狩りの様な表現を取るのか。



2.文章、単語に対する主語の揺れ
  これは、SAMが無い。つまり自我が無い事に尽きる、自閉症独特の表現。

  例えば、掃除機の音を極度に嫌う、これは片岡聡さんの記憶かそれとも母親の証言か。
  幼稚園で内鍵を掛けて立てこもる。これも証言か記憶か。
  記憶であれば、いまならどの様な順序でソコに至ったか分析できないか。
  感覚の敏感性についての記述も、「自分が感じた事」なのか「医師が観察診断した事」
  なのか、不明瞭。主語が決まれば、使う単語も相応しい物が見つかる、

  この「主語」と常に意識して文章を書く事は、テクニックの一つとして学習できる。
  社会で実生活を送ると、おのずとこの主語の大切さが身に染みて、独習する。
  しかし、今の療育は出来ない「ヒトの気持ちを考えよう」を要求するばかり。

  主語の揺れを持つ文章は、受け手が配慮すれば読めなくもないが、実社会では
  この手の文章を異様に嫌う人が居て、それが上司なら悲惨だ。

  かく言う私も気付いたのは近年だ。主語を明確にする事や、
  物事の基準がすべて左から、と言う様な事はテクニックとして知能の高い自閉症の
  子供に是非教えて欲しい。



3.自閉症を取り巻く不適切な言葉遣いの指摘
  これは、残念ながら日本の現状は言われる通り。
  特に、ネット上では誤解させる為のフェイクニュースが溢れ、フェイクを流す専門部隊も
  存在している。

  さらに、専門書もやはり出版社側の思惑などもからみ、例えばバロン・コーエンの
  「心の理論」も、原書では「Understanding other minds」(他者の心の理解)と
  命名しましたとの記述があっても、日本版の名称は「心の理論」になってしまう。

  同様の例は多く、例えば「こだわり」が原書では「FIX」
  フェイクニュースはこの辺の誤解を上手く利用しガセネタを流すのだ。



4.なぜ手垢のついた「概念化された単語」を使いたがるのか。
  学校生活に於いて、良い成績或いは宿題をなんとかやり過ごすには、
  誰もが好んで使う「概念化された単語」をあちこちに散らばすに限る。
  ★感覚過敏  ★感覚鈍麻  ★発達期の困難 等

  私もそうして来た。その流れに従うことがより良い成績に繋がった。
  それは、自分自身の妥協の産物。
  妻は、全くそれが出来ず、成績は悪かったが、今になると遅筆ながらも、
  自分で理解できた自分の血肉となった言葉で文章を表現できる。
  私もそれを見習うようになり、いかに自分が概念を理解できていないのに、
  知ったかぶりで上っ面のそれらしき文章を書いていた事に60過ぎてようやく知った。



5.なぜ意味もなく小難しい表現を使いたがるか。
  これは、大学生活に突入するとこの手の文章があふれ返る。
  この手の論文を書くのは、実は中身が薄いのを何とか表現方法で誤魔化し、
  やたらと専門用語を使い粉飾する事で、相手に自分を大きく見せようとする「隠された意図」
  がソコにはあるのだが、片岡聡さんの表現を見ると、エコラリアで難解な文章を採用しながら
  「隠された意図」つまり「見栄を張る」と言う様な所は見られない。

  つまり、難解そうに書く事が「エコラリア」で習い性になってしまっているが、
  ソコにある筈の「隠された意図」までは全く気付かずに、形式だけを真似ている、
  そう感じさせる文章だ。

  これが、さらに実業の世界であったり、ハッペやフリスやウイングの様にさらに学問を
  追及する人間の論文は、専門用語が増えはするが、年を重ねるにつれ分かりやすくなる傾向
  になるんだ。
  ゴマかそうとしないからだね。






片岡聡さんが、当事者活動を通じて自分自身が「概念」を理解していない事を知る時が来れば、
おのずと平易で簡素で分かりやすい文章を書いてくれる様になるだろう。


それを大いに期待したい。


おわり
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

療育への誤解 [療育のウソ]

Scan0069-2.jpg

療育の話をすると膨大なブーイングが寄せられる。不思議でしょうが無いんだけど。



私が警告を発しているのは、明確な自閉症児、或いはアスペルガー症候群の子供に対して
そこらの療育を施さない方がよいですよ、と実例を挙げて言っているのだ。



自閉症に含まれない、一般的ないわゆる発達障害。
DSM5で言う、ADHDであったり、知能障害であったり、チック症であったり、運動機能障害で
あったり、その他の障害の人は療育でも何でも試してみればイイ。

感覚統合であったり、運動療法であったり、イルカ療法であっても構わない。
どんどんやればイイ。



発達障害とされる中でも自閉症は少数だ。
その少数の子供を持つ親御さんは、注意しなければいけない。何故か。



例えば、普通の知恵遅れの子供は、療育という名前の「訓練」を毎日毎日受けていても、
やはり忘れてしまう。忘れない為には、同じ事の繰り返しと訓練が役に立つ



ところが、厄介なのが自閉症児。
基本的な所でコミュニケーションが取れないが、見た目行動は知能障害知恵遅れの子供と同じ。
ところが、コミュニケーションが取れないだけで、記憶力が強く異常であるのが自閉症児。



言われた事は、一回で覚える。ただ、言われた通りやれないだけ。
それを何度も何度も、療育と言う名の「訓練」を強要され続けると、
いつの日か、突然壊れるんだよね。


それは、カナー型の息子が自殺未遂まで追い込まれ壊れたさまを、実録で残してくれた証拠がある。


カナー型でも壊れる。アスペルガーはどうやって壊れるか。
酒鬼薔薇聖斗が壊れた
私は酒鬼薔薇聖斗ほど壊れなかったが、同じ様に壊れた
私の妻も私程ヒドくないが、妻も壊れた



療育関係者が、子供を壊して責任取ってくれるか?守るのは親だけだ。
逆に壊す事も出来るけどね。
これだけ壊れた実例があれば十分じゃ無いか。まだ足りないって言うのか。
自閉症児は少ないんだからほっといてくれ。




自閉症児を持つ親がどうしても療育を施したいと言うなら、実績のある、35才以上の過去の
卒業生の様子を確認して、その親御さんの話を聞いてから預ける方が安全だ。



創価学会の会員の人は、現世利益で療育でキッと良くなるから、どんどん療育に励めば
みんな潤ってそれはそれで素晴らしい事だ。教えに従うといい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

育てやすい子供が育てにくく [発達障害のウソ]

Scan0002.jpg

ネットには正規の情報よりも、だれかがどこかで聞きかじったか、学生時代に何となく習った事を
勝手に解釈して拡散された情報がほとんどです。



育てやすい子供が大きくなって育てにくくなる。これが発達障害の子供の特徴です」



これが都市伝説の元になります。

赤ん坊の頃は、おとなしくミルクを飲んでくれたのに、2才になったら嫌々ばかり。
育てやすかった子供が大きくなって育てにくくなったから発達障害かも知れない。→違います



幼稚園に行ってた頃は何でもおかあさんの言う事を聞いてイイ子だったのに、
小学4年になったら、急に言う事を聞かなくなって育てにくくなった。→違います



高校卒業するまであまり手が掛からずイイ子だったのに、
大学行ってひとり暮らしを始めてから勝手な事ばかり言って、親を何だと思ってるんだ。→違います



上記の例は、すべて人間が「ヒト」となる過程で、成長している証しで、発達障害、特に
自閉症とは全く関係ありません



育てやすかった子供が急に育てにくくなった。これを字義通り受け取れば、そうなりますが、
現物の、自閉症の子供を見た人はすぐ分かる事でも、
自閉症を見た事も無い人にとって、理解しろという方が無理



自閉症の文献を読んで、自閉症を演じるニキリンコの自閉症像は、
まさしく自閉症を知らない人誤解したとおりを演じてくれます。

ニキリンコは、高校生までは優等生。しかし大学では授業について行けず8年在籍します。

これは、小さい頃は育てやすい子、大きくなって育てにくくなった、を読んだまま作文してこうなって
しまったのしょう。ただ、辻井先生だけはニキリンコさんの様に幼児期の症状が大人になって改善した
例は全然珍しくないとの事なのですが、それにしては同じ様な人を見た事はないし、
改善と言うより改悪、悪化、進行、退行と表現した方が適切に思えます。



自閉症の子供を表す「育てやすい子」とは、

定型の子供は乳児の時は本来生体的危機を泣くしか無いのに、
自閉症の子供は親に泣いて知らせる事が少ないので手が掛からず

定型の子供は22ヶ月を過ぎる頃には自我(マインド)を得る事で、自己主張が始まりイヤイヤがはじまりますが、
自閉症の子供はマインドブラインドネスなので、イヤイヤが少ない本当に手が掛からない子なのです。



ところが、40ヶ月を過ぎ、言葉をかなり使いだしコミュニケーションを取る事を覚える時期、
コミュニケーションで聞き分けが出来る時期に、
自閉症の子供は言葉の代わりに泣くだけの、
どうにも聞き分けの無い子供に変身してしまうのです。



これが、自閉症、アスペルガー症候群、自閉症スペクトルの示す
小さい頃育てやすかったのに、大きくなって育てにくくなった」と言う意味なのです。



ですから、ほとんどの子供は該当する事は無く、お母さんの思い過ごしと誤解。
しかし、本当にそうだったら。



もし本当にその通りだったら、すぐローナ・ウイングが強く強く言う様に早期診断
それしかありません。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

早期療育? [療育のウソ]

「発達障害は早期療育で改善
「発達障害が疑われたら早い療育を」



現実に障害児に関わっている人は、安易にこんな事を言うとは思えませんが、
世の中には、特にネット上ではこんな宣伝文句が踊っています。



実は、これも宣伝する側のことばのすり替え都市伝説です。



前回言いましたが、ローナ・ウイングはまず早期診断を、
その書籍の中で何度も何度も訴えています。
LORNA1.jpg



それは、自閉症児の側の問題もありますが、その子供と共にある親の対処の仕方によって、
子供を含めた家族の日常生活の質に違いが出てくるからです。



1才未満でも、「何か変」と親も分かるカナー型の子供から始まって、
自閉症児は、その知能の差、受動型、積極奇異型、によって親が「チョット違う」と
気付くまで大きく差が出て来ます。



子供の方が学校での生活に疲れ、自分自身が違うのでは無いかと悩みを持つまで
親が気付かない場合もあるでしょう。



いずれにしても、何か問題の兆しが出たら、一刻も早く診断を受けて下さい、と言うのが
ローナ・ウイングの主張です。



そして、成長した「ワルガキ」がどうにも言う事を聞かない時、親としてどう対処すべきか。
多くの実例を基に、その対応法が明記されています。



それらは実績に基づいて積み重ねてきたノウハウですから、
現役のアスペルガー症候群の私が見ても、「ああ、そう言われれば納得出来る」と言うモノです。



その中で特筆すべきは「取り引き」をしてはいけないと主張している部分です。
「取り引き」とは私の言葉ですが、ウイングは「褒美と罰、行動マネジメントの技法」
と表現しています。



そして、この問題についてはp140から詳しく書かれていますから、読んで見て下さい。



このフリスの主張、早期診断は、多くの精神科医も認めているようですが、
これをうまくすり替えて、早期診断をすっとばし、
発達障害と思ったら早期療育という都市伝説だけが流布されているのです。



まず診断。診察診断まで時間がある様でしたら、この本を読んで対応法を見てみて下さい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

療育の謎 [療育のウソ]

RIMG0098.JPG

療育、私はこの言葉が大嫌いですので、ここでは障害児教育とします。



2000年突然療育商売が始まった時、
昭和43年のテレビ放送から進歩したとは、全く聞かなかったが
 何で急に自閉症の対処法がいっぺんに完成するんだ?」



その療育の根拠は、ニキリンコの真偽と共に全く謎だった。



しばらくして、村上由美「母の療育」のお陰で自閉症が治ったと言い、
民間資格の講師になり、NHK教育テレビにも登場した。



なる程。「奇跡の療育」によって自閉症が治りましたか。それはそれは。
じゃあ、話を聞くべきは、母親に聞くべきで、村上由美本人じゃないでしょう。



療育と呼ばれるオリジナルの工夫が見事に実を結び、娘の自閉症が治ったんだから、
それこそ医学界に大きくその一部始終を知らせる事が、第一だし、
ひょっとして、ノーベル賞も夢じゃ無いかもしれない。



ところが、講師は村上由美母親じゃ無いんだな。不思議だなー。
愛情ある母親として愛情とは別の、本人には内緒の配慮、気配り、みちびく手順
あっただろう。



そういう、ツボは本人には分からない、陰の苦労で、ソコが最も重要な部分だ。
やった人しか分からないから、実績のある人の話を聞いて参考にするんだろうに。 不思議だなー。



せめてNHKが母親に取材に行けばイイのに、何故か行かないんだよな-。
行ったらマズい事になるかも知れないから、怖くて行けないのかなー。



村上由美だけじゃ無い。
NHK教育テレビでは療育、障害児教育の専門家として何度も取り上げたのが腹巻智子先生



その力は留まる所を知らず、NHKのトップランナーにも取り上げられた。



腹巻先生はずいぶんキャリアがあって、昔から障害児教育に取り組んでいるそうだ。
だったら、今の華々しい講演会などの部分を放映するのでは無く、
腹巻先生に救われた、現在は自閉症の大人になった元自閉症児を取材して、
その、腹巻先生から与えられた何か忘れられないきっかけと、それによって、今どれほど
素晴らしい生活を送っているかを放映してくれればいいだろう。



腹巻先生程のキャリアがあれば、自閉症児の200人や300人、或いは1000人以上係わっているハズ



これだけ長くやっていれば、50過ぎの元自閉症児と80過ぎの母親が涙ながらに証言してくれるだろう。



そうじゃなけりゃ、2002年だったか、全校生徒を講堂に集めカミングアウトさせた
アスペルガー症候群の男の子が居ただろう?
あの子に、あれから人生がどんなに良くなったかを証言して貰えばイイ。



当事者である私からみれば、あれ程残酷な事は無いし、あの子は相当苦労して、
相応しい大学へも行けなかったんじゃ無いかと勝手に解釈している



療育に係わる人達、NHK、NHK教育テレビも含め
治った当事者村上由美自称アスペルガーのニキリンコ、自称高機能自閉症の泉流星
障害児教育のトップランナー腹巻智子等、療育の発信側ばかりを持ち上げ宣伝するが、




その実績を作った村上由美の母親
ニキリンコ、泉流星が育つ環境、子供時代を知る人の証言
トップランナー腹巻智子がきっかけで大きく生活態度が改善した自閉症当事者
という、一番はじめに取材すべき対象絶対取材しない所が本当に不思議だ。



さらに、療育で壊れ、自殺未遂まで追い詰められたカナー型の子供
辻井正次と言う専門家などによるスラップ訴訟で生活を破壊されたアスペルガー症候群の大人



と言う格好のサンプル絶対取材しない。まあ、この部分については当たり前か。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

栗原類 療育の成果 [療育のウソ]

a390.jpg

webマガジン mi-mollet  上で 

山本奈緒子記者が一生懸命、発達障害は10才までの早期療育が勝負だ!

と訴えている。


大体、発達障害と言われても、発達障害自体は概念で単独の障害名では無い。
じゃあ、何なんだ?と言う話は、ちょっと置いておいて。


この人の一押しが杉山先生。


杉山先生は私の事を「文章を見ただけで偽アスペ」と診断してくれた。



しかし、その名診断が載ったwebマガジンは、始めその記事だけ
アクセス出来なくなったが、その後そのwebマガジンごと消えてしまった。
廃刊が無い事で有効だとされたWebマガジンがである。

ちなみに記事は「自立をめざして!Gakken特別支援教育Webマガジン12月号」



激しく療育が宣伝され始めたのが2000年。それからもう19年。
当時6才ならもう25才。



ところが、療育に出会って本当に良かったと感謝する親に出会った事が無い。
療育は素晴らしいという親の話を読むとみんなまだ子供だ。



栗原類をことさら宣伝に使うが、
栗原類は幸運にも日本の療育の垢には染まらず、米国で母親の愛情にはぐくまれて、
今がある。


とてもこのmi-molletの、山本記者の話に説得力があるとは、私には思えない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児