So-net無料ブログ作成

片岡聡さんと同じ事違う事 [見る]

RIMG02.JPG
片岡聡さんも私たち夫婦も同じ自閉症三つ組の障害
が完備したマインドブラインドネスだ。



一番の問題はマインドブラインドネスであるが故に、
自分自身の状態が「誰にもある事」なのか、
私、或いは片岡さんだけに起きている事が分からない事なのだ。



だから、自分の感覚過敏について、補装具を付けて初めて
自分が大変だった事に気付いたと言う事になる。
本来は、周囲の誰かが気付いて「この子は感覚過敏だ」と
認識されればその子の環境は配慮され格段に環境は良くなる。



片岡さんの講演を聴いた訳では無いので、詳細まで分からないが、
片岡さんの言う「感覚過敏」の例には二つの原因が考えられる。



ひとつは、少しだけ触れられているが、てんかんを原因とするモノ。
もう一つは、まさしく自閉症の特性が原因となっているモノ。





トイレで携帯を受けていた事は、自閉症マインドブラインドネス
理論に裏打ちされた行動であり、理論的に解説できる行動。
これについては、「聞く」の項目で詳しく解説します。



そして、今のテーマは片岡聡さんが見るモノがテーマ。



次にその内容に踏み込みます。

nice!(0)  コメント(0)